MADAR GALLERY



ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界



c0121933_14491198.jpg

c0121933_14493190.jpg

c0121933_14495017.jpg

c0121933_14515240.jpg

c0121933_14522100.jpg

c0121933_14521029.jpg

c0121933_14521794.jpg

忙しい毎日を送っている彼女は、妻でもあり、母でもあります。

帰国子女だった彼女は、少しウェーブのかかった長い髪の毛で、鮮やかなローズピンクのカーディガンが似合う女の子でした。
小学校から中学校まで一緒に過ごした私たちは、それぞれの道に。
彼女は再びフランスへ旅立ちました。
大人になった今、彼女の一時帰国にあわせて食事会を開催しています。
パリのショーメブティックで活躍する彼女。
よく笑い、よく食べ、お酒に強い彼女の印象は「強く、たくましい女性」

「そんなこと、なんとかなるわよ~!」
くよくよした時は、そんな言葉が聞こえてきます。











# by madargallery | 2018-09-21 18:53

これから



c0121933_11512451.jpg

c0121933_11514261.jpg

c0121933_11515151.jpg

c0121933_1152195.jpg

c0121933_1152954.jpg

由木子さん、昌子さん、
そして、ふるふるさん。

MARINE & WALK YOKOHAMAにある「A16 YOKOHAMA
そして清澄白河にあるカフェ「ヒキダシ」へ。
この夏、いろいろな場所でご一緒することがありました。

それぞれが、いろいろな世界を生きていて、
それぞれが、いろいろな夢を持っています。
そんな彼女たちと過ごす時間が大好きです。











# by madargallery | 2018-09-14 11:52 | 日々のこと

私のミュージック ポートレイト



c0121933_1455942.jpg

c0121933_1461458.jpg

好きな番組がありました。
2人のアーティストが、それぞれ選んだ10曲を持ち寄り人生を語り合う・・・
NHK「ミュージック ポートレイト」
内容も興味深いのですが、何と言っても2人のアーティストの雰囲気にあった空間も魅力的。
気に入った場所に足を運んだこともありました。

印象的だったのは、2013年放送の野村萬斎さん × ケラリーノ・サンドロヴィッチさんの対談です。
10曲目<人生の最後に聴きたい曲>

野村萬斎さんの選曲は『Let It Be』
「狂言」に生きるべきか葛藤した思春期に聴いた曲。
人生最後に聴きたい曲でもあり、最後に流してもらいたい曲でもあるそうです。

そして、ケラさん選曲は、
『8 1/2 エンディングテーマ』

「最後に聴きたい曲」って言われたときに、何かその映画のエンディングが頭に浮かびまして、これまでの自分の創った人物もそうだし、出会った実在の人たちにもう一度、パレードというか・・・目の前にずらっと現れてくれたりすることを思いながら死んでいけたりするといいな・・・とか思って。
華やかに祝祭的に終わりたいなって感じがするのね。


「表現の世界」に憧れた思春期。
思い出の映画音楽だそうです。



c0121933_14145751.jpg













# by madargallery | 2018-09-01 14:05 | 心に響く音楽

日本大通りから馬車道へ



c0121933_0103079.jpg

c0121933_0104448.jpg

c0121933_011849.jpg

c0121933_012296.jpg

c0121933_0121468.jpg

c0121933_0122733.jpg




c0121933_0123882.jpg

c0121933_0125039.jpg

日本大通りから馬車道へ。

いつも心に感動を。
たくさんの感動をありがとうございました。











# by madargallery | 2018-08-27 23:34 | 心に響く音楽

POLA MUSEUM ANNEX



c0121933_0215070.jpg

c0121933_022018.jpg

c0121933_0221188.jpg

c0121933_0222178.jpg

c0121933_0223369.jpg

c0121933_0224569.jpg

POLA MUSEUM ANNEXで開催中の、野口哲哉「~中世より愛をこめて~ From Medieval with Love」展へ。

「武士の心を知る前に、人の心を知りたい」という気持ちが込められた野口氏の作品。
ご自分の作品に自身で解説をつけたセルフキャプションもユニークです。

頬杖をついたり、棒立ちのまま空を見上げたり。
野口氏が作る人物像はまるで日常の一コマのようです。

ギャラリーの壁の色。
響き渡っていたショスタコーヴィチ「ジャズ組曲(第2番 第2ワルツ)」
(作曲家ショスタコーヴィチの生きた時代を想像すると、野口氏がこの曲を選ばれた想いがわかるような・・・そんな気がします)

鎧をまとっているのは人間ではなく、愛なのかもしれない。

9月2日まで開催中です。











# by madargallery | 2018-08-26 00:21 | ART

空間の美とは


c0121933_19264437.jpg

c0121933_1926556.jpg

c0121933_1927471.jpg

c0121933_19272778.jpg

c0121933_19273524.jpg

六本木ヒルズ・森美術館15周年記念展 建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの を鑑賞後、けやき坂通りをゆっくり歩く。
日本の伝統的な色彩が鮮やかによみがえる非日常の世界。











# by madargallery | 2018-08-16 19:27 | ART

「あなたの存在に対する形容詞」ミルチャ・カントル展



c0121933_11161279.jpg

c0121933_11162678.jpg

c0121933_11164883.jpg

c0121933_1117142.jpg

c0121933_11172280.jpg

c0121933_11174077.jpg

銀座メゾンエルメス フォーラムで開催された「あなたの存在に対する形容詞」ミルチャ・カントル展へ。

パリを拠点に制作を続けるアーティスト、ミルチャ・カントルの展覧会。
日本での初個展となる「あなたの存在に対する形容詞」は、銀座メゾンエルメスのガラスブロックの「透明性」に着想を得た新作だそうです。
映像作品では、人々が透明なプラカードを持って行進する姿に「透明な主張」そして「今の時代」を感じました。
そして、ミルチャ・カントルはこう語っています。

「形容詞」とは
人生においてもっと使われるべきものです

人間が交流する その質によって
定められるものなのです


来場者の存在によって作動する作品「風はあなた?」「呼吸を分かつもの」
扉に設置された仕掛けで、室内に吊るされたウィンドチャイムが響きます。
透明なガラスでできた屏風に白い指紋の有刺鉄線。
静寂や響きあう鐘の音から感じる「人の存在」

また、銀座メゾンエルメスのウィンドウディスプレイ。
2018年のテーマは「演じる。遊ぶ。プレイフルな人生!」です。
自由な遊び心をいっぱいに受けて大きくなったペンが、真っ白な紙から飛び出してくるところからはじまる作品は、ル・ジャンティ・ギャルソンの「スーパーいたずらペン」
私達を「どこか知らない場所」へ連れて行ってくれます。

最後に、エルメスが提案する現代的女性像の考察をテーマとし、シネマ(映画)的設定の観客参加型の展覧会「彼女と。」
この展覧会から生まれたもう一つの別の物語が、小説「彼女と」
小説家の朝吹真理子さんは、どこまでも自由でしなやかで、内なる輝きをもつ女性「アカリ」を丁寧に描きました。
各章の扉には、憧れの写真家・米田知子さんの写真が添えられています。


「あなたの存在に対する形容詞」
あなたはどのように世界と関わりますか?











# by madargallery | 2018-07-22 11:17 | ART

La Fee Delice



c0121933_9445180.jpg

c0121933_94513.jpg

c0121933_9451513.jpg

c0121933_945257.jpg

c0121933_9453455.jpg

c0121933_9455213.jpg

c0121933_9454378.jpg

c0121933_9455934.jpg

c0121933_946760.jpg

c0121933_9461440.jpg

キャットストリートにある老舗ガレットカフェ「La Fee Delice」へ。
レトロな風合いのレッドとミモザイエローの壁。
フランスで買い付けた家具や雑貨が並ぶ空間は、まるで映画の世界のようでした。












# by madargallery | 2018-07-15 09:46 | ART

月曜日の朝



c0121933_08565910.jpg

c0121933_09594046.jpg












# by madargallery | 2018-07-11 08:57 | ART

プラネタリウム



c0121933_15304333.jpg

c0121933_1101868.jpg

c0121933_15305361.jpg

c0121933_1531217.jpg

c0121933_15311152.jpg

c0121933_15312158.jpg

「雨中密航」
雨の中、水煙に紛れてこっそりと織姫に会いに行こうとする彦星をイメージしました。
年にたった一度の逢瀬です。雨ぐらいでは諦められない。


鮮やかで幻想的な色彩、静かな世界。
琵琶湖の畔で絵を描いている画家の仲山拓人さん(Atelier TACTO)の作品です。

昨年の秋、仲山さんと初めてお会いしました。
着物と帽子、原稿用紙とイーゼル、そして詩の世界。
文豪・・・この言葉が浮かびます。
その仲山さんの世界観がとても気になっています。

先週末は、Shima&仲山拓人「星の世界展」へ。
中央区東日本橋にあるICA SPACEへ行ってきました。
切り絵作家のshimaさんの作品は、プロフィールにもあるように「レースのように繊細で、ステンドグラスのように美しい」
本当に素晴らしい切り絵の世界でした。

日本最大の問屋街でも有名な日本橋馬喰町。
写真は、REI THE LACES CHAMBER
また、よくお世話になっているフクモリ マーチエキュート神田万世橋店
そちらの馬喰町店も気になります。
そして、馬喰町ART+EATもおすすめです。

c0121933_15321394.jpg


7月7日。

年にたった一度の逢瀬です。雨ぐらいでは諦められない。

仲山さんの言葉が印象的です。











# by madargallery | 2018-07-07 00:00 | ART


ART空間散歩人 しおざきまさこ の日々のこと
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Profile


ART空間散歩人
しおざきまさこ


・・・・・・・


「ART空間散歩人」として、美術館や劇場をはじめ、素敵なART空間を散策し、自分なりの言葉で綴っています。
アート、映画、音楽が大好きです。

人と人とのつながりを大切に、緑溢れる公園・カフェ・美術館など様々な空間で、既存の枠にとらわれることなく自由な発想で芸術を楽しむ・・・
これからもそのような、空間をつくるお手伝いをしていきたいと思っています。そして、皆さんと楽しい時間を共有できたら嬉しいです。

また、刺繍作家・イラストレーターとして、日々創作活動を続けています。

どうぞよろしくお願いいたします。

ごあいさつ


・・・・・・・


c0121933_12132888.jpg

c0121933_12122601.gif

c0121933_12135225.jpg

c0121933_12142188.gif


・・・・・・・


ブログタイトルのこと
MADAR GALLERY

ご意見などは、
*MADAR GALLERY*
Contact
またはこちらからお気軽に☆


・・・・・・・


◇お世話になっています

現代アートスクール
アートト/art to
オーディエンス コース
2016・2017・2018


活版印刷
Bird Design
Letterpressさん


アンティーク・
チェコ雑貨のお店
bábovkaさん


◇その他

ステキに頑張る
女性たちへ
うららケア

刺繍工房
UN
EMBROIDERY
STUDIO



・・・・・・・



カテゴリ
最新の記事
灘本唯人展
at 2019-07-28 21:22
青のある暮らし
at 2019-07-28 21:15
四季折々の花たちへ
at 2019-07-28 16:12
YOKOHAMA
at 2019-07-03 00:49
SESSiON
at 2019-07-03 00:40
映画『ガラスの城の約束』
at 2019-06-18 00:31
YEBISU GARDEN ..
at 2019-06-18 00:27
KOHORO 器と暮らしのもの
at 2019-06-08 23:35
その一瞬
at 2019-06-08 11:30
息をのむほどの感動を
at 2019-06-08 11:14
日々の暮らしに彩りを
at 2019-06-06 21:33
おじさん
at 2019-06-06 11:05
静かなる詩情
at 2019-05-10 23:48
147日 これまでとこれから
at 2019-05-06 15:33
Grace
at 2019-03-23 23:44
blue & water
at 2019-02-25 19:24
フェルメール・ブルー
at 2019-02-14 23:46
Language of Ro..
at 2019-02-14 02:14
Mary Shelley
at 2019-01-24 19:04
Marita Liulia ..
at 2019-01-16 22:43
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
検索
お気に入りブログ
ブログジャンル