MADAR GALLERY



カテゴリ:ART( 575 )


青山芸術祭

本日より、青山芸術祭がスタートしました!

今年で第7回目を迎えます。
メインイベント「デザインアワード2007」をはじめ様々なイベントが行われます。
青山から才能あるクリエイターを発掘・応援すること、青山の街をデザインで活性化させることを目的とし、133作品のフラッグデザインを街中で楽しむことが出来ます。
今年のテーマは「男と女」。
秋の1日、いろいろな視点での「男と女」を眺めながら歩いてみるのもいいですね。

そして、今年第1回目となる「AOYAMA ART JUNCTION 2007」。
『スターバックス コーヒー』の青山・原宿・渋谷エリア全7店舗で、7組のアーティストが作品展示、ライブパフォーマンスを行います。
これ、待っていたんです。
若手アーティストの支援を行っている「トーキョーワンダーサイト」の協力により、新進気鋭のアーティストが青山のショップとコラボーレーションするアートイベントです。
コーヒーを飲みながら、その空間とアートを楽しむ・・・海外ではこの形が定着しているようなんですが、日本でも開催しないかな・・・と思っていました。(一部の店舗では、アート、トーク、音楽のイベントもやっていました。)
こんな風に自然にアートが生活の一部になることを願っています。

青山芸術祭は29日まで開催中です。
by madargallery | 2007-10-15 12:54 | ART

大切なモノ

POSTALCO」へ、ようやく訪れることが出来ました!
場所は京橋。駅から少し歩いた所にあるビルの4F。
扉を開けると店内は、興味深い製品の数々が並べられています。

その一つ一つは、細かい部分までの心配りが感じられ「紙」に対しての優しい想いがよく伝わってきました。

時々、メールではなく手紙を書きたいと思うのです。
切手、便せん、封筒。気に入ったものを選び、相手のことを考えながら、想いを綴るのです。
今度是非、POSTALCOさんのレターライティングセットを使ってみたいと思いました。

そして、レジ前には圧倒的な存在感を示す手製印刷機“チャンスプリンター”。
ボールにインクをつけて転がして印刷するという驚きの方法。
この手法で印刷したものは、同じもの出来ないそうなんです。
偶然性=チャンス・・・なるほど。
手製印刷機“チャンスプリンター”を使って仕上げた水滴模様の紙を表紙にしたA7サイズのノートが気に入りました。「世界で一つだけのノート・・・」なんだか嬉しくなりました。

お店の方も、とても優しく丁寧に対応して下さったのが嬉しかったです。

「機能的なモノを、大切に長く使い続けたい・・・」素敵な気持ちです。
ロゴマークの可愛い伝書鳩が優しく語ってくれている気がしました。
by madargallery | 2007-10-07 12:47 | ART

「Men in the Cities」

よく訪れる場所に、等身大のモノトーンの絵が飾られています。
天井が高く、真っ白の大きな壁には、その絵が圧倒的な存在感を示しています。
立ち止まり見上げるのが私の習慣になっています。

体がねじれた洋服姿の人物たち、ネクタイやスカートが風に舞っている様子。
まるで、今にも動き出しそうな人物・・・。
「Men in the Cities」の連作。都会的でクールな感覚を描くのはロバート・ロンゴ。

80年代ニューヨーク・アートシーンの代名詞といえばロバート・ロンゴでした。
彼の作品の中で最も有名なのがこの「Men in the Cities」のシリーズ。
1953年1月7日ニューヨーク市生まれのロバート・ロンゴ。
アルバイトでマンハッタンのタクシー・ドライバーをしていたロンゴは大都会の人間たちを日々観察していたそうです。
写真を精巧に模写したこれらの作品は、木炭やグラファイトを用いたドローイング。
それをもとにした版画も多数制作しました。

私は、この作品を前にすると「瞬間」という言葉が頭に浮かびます。
「瞬間」の前後を想像しながら、この場所を後にしました。
by madargallery | 2007-10-04 13:00 | ART

乙女のパリ絵本

コノハナブックス・リリース第一弾「乙女のパリ絵本」がいよいよ発売となりました。
架空の女の子・mimiが、世界中を旅する空想ヴィジュアルガイドブックです。
「あなたも、パリジェンヌになったつもりで市内探索してみませんか?」というメッセージに頷いてしまいました。
どうして、パリの街はあんなに素敵なんでしょう・・・
目に映る全てが絵になるなんて。映画の世界そのものじゃないですか・・・

私の中で「乙女」という言葉から連想できるモノ。
ピンク色の雑貨、白い薔薇、バレエのチュチュ、レースのワンピース、カラフルなマカロン・・・
想像するだけで頭の中は「おとぎの国」です(笑)

渋谷パルコ LOGOS GALLERYでも刊行を記念して「乙女のパリ展」を開催中。
パリの“のみの市” などいろいろなイベントが楽しめます。

いつまでも「乙女心」は大切にしたいですね。
by madargallery | 2007-10-01 13:09 | ART

forty six portraits of beautiful women

その場所を目の前にして、思わず「おーっ」と叫んでしまいました。

スパイラルで開催中の、「女性モデル46人のポートレートで綴る写真展 forty six portraits of beatutiful woman」へ行ってきました。

宮本直孝氏が撮り下ろした、女性モデル46人のポートレート。
普段の仕事では見せないモデルたちの自然な表情やを見て、「美しさ」「強さ」を感じることができました。

印象的なのは、宮本氏の言葉。
「自然体でいること、感情を偽らないこと、普段よく目にするうわべだけの表情はひとの心に響かない、無理して型にはめる必要も他人を装う必要もない、君は君でいればいい。」
by madargallery | 2007-09-16 14:27 | ART

efuto

BOOK246に行ってきました。
南青山にあるこのお店。「旅」をテーマとしたブックストアなだけに、わくわくするほど、たくさんの魅力的な書籍があります。
9月頭まで、『efuto』(FOIL刊)の発売に合わせて、ギャラリー展示を開催していました。
残念ながら、既に終了してしまったイベントだったのですが、お店の方が数種類の『efuto』を見せて下さったのです。
その中でも、チャップリンのイラストとポップな色が可愛らしい『efuto』が気に入りました。

e=picture futo=envelope 

『efuto』って・・・
『ぞうのエルマー』で世界的に知られるイギリスの絵本作家デビッド・マッキーと、その仲間たちが封筒に絵を描くという創造的な楽しみを思いつきました。
その遊びは画家同士の間にとどまらず、デビッドは、自身の絵本を出版するアンデルセン・プレスの社長のクラウス・フルーガーにも、定期的にこの絵のある封筒を送っていたのです。
やがてクラウスは届いた封筒を額に入れて社の壁に飾るようになりました。彼の手元には500を優に超える数の封筒コレクションが集まっているとのことです。

メールでのやりとりが日常的になった今、帰宅後ポストにこんな素敵な封筒が入っていたらどうでしょう!
手紙を綴る時間を持つ大切さ、受け取るときの喜び…。なんだか、手紙を書きたくなりました。

“efuto”は今日も笑顔と一緒に送られています。

c0121933_13391131.gif
by madargallery | 2007-09-08 13:36 | ART

エノデン・アート

5月の連休に、江ノ電に乗りました。
その日は葉山にあるギャラリーへ行く予定があり、あえて江ノ電に乗車することにしたのです。

あいにくの曇り空でしたが、海の見える席を選びました。
小さい頃から家族と鎌倉のお寺に行く時は、必ず江ノ電に乗った思い出があります。
街中を通り、建物の隙間から海が見え、やがて目の前に広がる海が嬉しくて仕方ありませんでした。
今も乗車した時のワクワクした気持ちはかわりません。
大好きな光景です。きっと、みなさんもいろいろな思い出がある場所ではないでしょうか。。。

そんな江ノ電で素敵なイベントが開催されています。
江ノ電が届ける10人の湘南アーティストたち ~ エンセン・テン

毎回10人の湘南アーティストが江ノ電とひとつになって、 地域文化の向上をめざす秋のアートイベントで、江ノ電の車内がギャラリーになったり、駅や沿線のお店がギャラリーになります。
江の島展望灯台でもアートイベントが開催されるとのこと。
素敵な秋のひとときになりそうですね。
また一つ、思い出が増えそうです。。。
by madargallery | 2007-09-05 16:51 | ART

ありがとうございました!

しおざきまさこ展 『PEOPLE』 in Second Life 無事終了致しました。
多くの方々にお越しいただき、心より感謝しております。
また、今回の開催にあたり協力してくれた株式会社ウンのみんなにも感謝しています。
本当にありがとうございました。

今後、カフェやギャラリー等さまざまな場所で個展を開催する予定です。
皆様にお会い出来る日を楽しみにしています。

芸術の秋も、もうすぐですね。
そんな話題もまた書いていきたいと思ってます。

これからもよろしくお願いいたします。

c0121933_2040241.jpg

by madargallery | 2007-09-02 15:19 | ART

きいちのぬりえ

先日、久しぶりに伯母から連絡がありました。
その声はとても元気そうでした。

叔母は昨年の春頃体調を崩し、自宅療養をしていました。
その時のお見舞いとして「きいちのぬりえ」本をプレゼントしたのです。
ぬりえは、脳の全体を活性化し、ストレス解消にもなるとも言われています。
・・・ただ、何か夢中になって欲しかったのです。

丁度その頃巷では「ぬりえ」がブームになっていました。
書店では、「ぬりえ」本がずらり・・・
あまり力を入れず、懐かしさを感じながら楽しんでもらえると思い選んだのは「きいちのぬりえ」でした。
私も「ぬりえ」の世界に魅力を感じ、そして見つけた「ぬりえ美術館

荒川区唯一の美術館である「ぬりえ美術館」は、日本唯一の「ぬりえ」の美術館でもあります。館長の金子マサさんは、「きいちのぬりえ」で有名な蔦谷喜一さんの姪にあたるそうです。
ぬりえを文化として保存するために、美術館を開館されたとのことです。

私は「ぬりえ」は日本画の一つの系譜だと思います。
「ぬりえ」特有の輪郭線。
日本の絵には輪郭線があって外国のものには輪郭線が少ない気がするのは気のせいでしょうか・・・
江戸の頃、かの葛飾北斎はこの両者を比較する際に「線」とか「輪郭」とかいう言葉ではなく、「隈取」という言葉を用いて表現していました。
一本の線から一つの絵が完成するというという芸術。改めてすごいと感じます。

また「ぬりえ」は日本だけでなく、世界にもあることが分かりました。
芸術に対する想いは世界共通なんですね。

今ではすっかり笑顔を取り戻した伯母。
これからも元気でいてくださいね。
by madargallery | 2007-08-23 14:07 | ART

適正飲酒の大切さを訴える「モデレーションブック」

昨日、サントリーにお願いをしてあった「モデレーションブック」が届きました。
とても興味があり、過去にも送っていただいたことがありました。

モデレーションとは、「ほどほど」あるいは「中庸」という意味で、欧米で「適正飲酒」を指す時にも使われる言葉です。

サントリーでは、適正飲酒の大切さを訴える新聞広告を「モデレーション広告」と名付けているのです。
酒類メーカーが、こういうテーマを世の中に発信するということは本当に難しいことだと思います。
1986年から開始し、これまでに様々なテーマでメッセージを発信してきました。
モデレーション広告のこれまでのテーマは、時代にあわせてテーマを設定されています。
“適量”“飲みすぎ注意”“空腹と飲酒”“休肝日”など、自分の健康を守り、酒と長くつきあおうということ。
また“酒量”に関するテーマだけでなく、“飲んではいけない人”“してはいけない飲み方”へと対象をひろげています。
スポーツと飲酒、妊産婦と飲酒、入浴と飲酒、薬とお酒、未成年者飲酒、飲酒運転・・・といったテーマが登場しています。

このモデレーションブックはモノトーンで非常にシンプルな一冊です。
そして、メッセージと共にイラストが大きな存在となっているのです。
このモデレーションブックのイラストは、チャールズ・バルソッティ、ジョン・バーナード・ハンデルスマン、チャールズ・サミュエル・アダムスといった著名なイラストレーターが描いています。彼らのイラストは、シンプルですが個性的で非常にユニークです。
イラストレーターという仕事は、クライアントの意向を一瞬の印象で受け手(消費者)に伝えることが仕事です。そして社会に深くつながっています。
責任が大きい反面、本当にやりがいのある仕事だと実感します。

私自身もお酒が好きです。飲むというより、その場の雰囲気が好きなのです。
そこに集う皆が楽しく飲めるよう「酒は、なによりも、適量です。」-100回目のメッセージより
by madargallery | 2007-08-15 23:32 | ART


ART空間散歩人 しおざきまさこ の日々のこと

by madargallery
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
Profile


ART空間散歩人
しおざきまさこ


・・・・・・・


「ART空間散歩人」として、美術館や劇場をはじめ、素敵なART空間を散策し、自分なりの言葉で綴っています。
アート、映画、音楽が大好きです。

人と人とのつながりを大切に、緑溢れる公園・カフェ・美術館など様々な空間で、既存の枠にとらわれることなく自由な発想で芸術を楽しむ・・・
これからもそのような、空間をつくるお手伝いをしていきたいと思っています。そして、皆さんと楽しい時間を共有できたら嬉しいです。

また、刺繍作家・イラストレーターとして、日々創作活動を続けています。

どうぞよろしくお願いいたします。


ごあいさつ


c0121933_23151713.jpg


c0121933_23162907.gif


c0121933_23163653.jpg


c0121933_23164262.gif



◇お世話になっています

現代アートスクール
アートト・
オーディエンス コース
2016 ~


活版印刷
Bird Design
Letterpressさん


アンティーク・
チェコ雑貨のお店
bábovkaさん

ステキに頑張る
女性たちへ
うららケア

刺繍工房
UN
EMBROIDERY
STUDIO


◇その他

ブログタイトルのこと
MADAR GALLERY

ご意見などは、
*MADAR GALLERY*
Contact
またはこちらからお気軽にどうぞ☆


・・・・・・・
カテゴリ
最新の記事
ありがとう ~アイルランドか..
at 2018-02-21 00:33
The Beaver Hal..
at 2018-02-10 19:14
ruriroさんのお知らせ
at 2018-02-05 15:41
カトウマキさん
at 2018-02-05 15:39
「彼女の指先と神話」
at 2018-02-05 15:36
Dragon Ash
at 2018-02-05 15:00
グレース・タン「Materi..
at 2018-01-31 23:31
YEBISU GARDEN ..
at 2018-01-21 15:15
てくてく歩く。
at 2018-01-14 15:47
ゴッホ ~最期の手紙~
at 2018-01-07 12:17
セーヌ左岸の恋
at 2018-01-03 23:10
本年もよろしくお願いいたします
at 2018-01-01 13:23
ありがとうございました
at 2017-12-31 22:51
『December Song..
at 2017-12-22 11:16
Billboard Live..
at 2017-12-13 23:56
暮らしに色を
at 2017-12-13 23:47
映画『はじまりの街』
at 2017-11-29 17:17
「今年もありがとう」
at 2017-11-29 17:16
絵と音と言葉のユニット『re..
at 2017-11-18 23:29
はかりきれない世界の単位
at 2017-11-13 13:51
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
検索
お気に入りブログ
ブログジャンル