MADAR GALLERY



「チャペック兄弟と子どもの世界」 松濤美術館へ



c0121933_2305896.jpg

c0121933_18491257.jpg

c0121933_022567.jpg

c0121933_18494033.jpg

c0121933_1042319.jpg

c0121933_18494965.jpg

c0121933_1849574.jpg

c0121933_1850887.jpg

c0121933_18501730.jpg

c0121933_18502468.jpg

c0121933_18503475.jpg

c0121933_1072956.jpg

c0121933_1851680.jpg

c0121933_18511735.jpg

子どもの世界は私たちの世界そのもの、
でもそれは私たちの世界よりも美しく、
充実していて、驚きにあふれている・・・


ヨゼフ・チャペック(1918年)


私は今なお、謎の世界を知る
子どものままだ


カレル・チャペック(1934年)


渋谷区立松濤美術館で開催中の「チャペック兄弟と子どもの世界
~20世紀はじめ、チェコのマルチアーティスト」
展へ。

20世紀初頭から活躍した、中欧チェコの芸術家、兄ヨゼフ・チャペック(1887-1945)と弟カレル・チャペック(1890-1938)の兄弟。
ヨゼフはキュビスムの画家として数々の作品を発表し、また弟カレルの著書の装丁を手がけ、また自身も多くの著作を遺しました。
また、カレルは文筆家として、第二次世界大戦前の不安定な社会において、多くの新聞記事、戯曲、旅行記、批評などを発表したそうです。
二人は戯曲などを多数共同制作しました。
1920年発表の戯曲『R.U.R.』の創作にあたり、 「ロボット」という言葉を生み出したことで知られています。


渋谷駅に程近い閑静な住宅街「松濤」の一角にある松濤美術館
石造りの印象的な外観、噴水を設けた吹き抜け、心安らぐ美術館です。

昭和56(1981)年10月に開館した松濤美術館。
哲学的な建築家といわれる白井晟一氏の設計のもとに完成した建物です。
静岡県でも、とても気になる美術館がありました。
静岡市立芹沢銈介美術館です。
池に噴水があるという点で共通する静岡市立芹沢銈介美術館は、松濤美術館と共に白井晟一氏の晩年の代表的な作品ともいわれ、斯界の発展に多大な貢献をされたそうです。

帰り道は、カフェ タカギクラヴィアでチーズケーキを。
また、時々おじゃまするガレットリアへ。
センス溢れるインテリアと家庭的な雰囲気が素敵です。


チャペック兄弟・・・この兄弟は芸術的にも人間的にも、そして児童文学においても、よき協力者でありました。

私が大切にしている一冊『メッセージ・フロム・チェコアート』
その本には、こう記されています。

第二次世界大戦直前と戦争中は、チェコの文学(児童文学も含めて)はチェコの国民にとって大きな意味を持っていました。
当時のように民族の存在が圧迫されだすと、国民は次の世代に文化的責任を強く感じるようになります。


そして、詩人のフルビーンは1943年にこう書いています。
「今日のようなおそろしい時代には作家・詩人・画家達は家族や、将来性のある子どもたちのことを深く考えるようになる」

子どもの心を持ち続けたチャペック兄弟。
また、日常的な光景・・・たとえば家にやってきた大工見習い、庭をかけまわる犬や部屋で寝そべる猫からも、想像力の端緒をみつけることができました。

最後に、チャペックの文章は呼びかける文章だ・・・とも。
「みなさん」「ほら」といった呼びかけに、私たちは瞬く間に物語の世界へ。
チャペック童話にしばしば見られる「呼びかけ」は、静かな魂の叫びだったのかもしれません。











by madargallery | 2018-05-05 14:12 | ART
<< 「Face to Face も... カリグラフィーの世界 >>


ART空間散歩人 しおざきまさこ の日々のこと

by madargallery
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Profile


ART空間散歩人
しおざきまさこ


・・・・・・・


「ART空間散歩人」として、美術館や劇場をはじめ、素敵なART空間を散策し、自分なりの言葉で綴っています。
アート、映画、音楽が大好きです。

人と人とのつながりを大切に、緑溢れる公園・カフェ・美術館など様々な空間で、既存の枠にとらわれることなく自由な発想で芸術を楽しむ・・・
これからもそのような、空間をつくるお手伝いをしていきたいと思っています。そして、皆さんと楽しい時間を共有できたら嬉しいです。

また、刺繍作家・イラストレーターとして、日々創作活動を続けています。

どうぞよろしくお願いいたします。

ごあいさつ


・・・・・・・

c0121933_12132888.jpg

c0121933_12122601.gif

c0121933_12135225.jpg

c0121933_12142188.gif

・・・・・・・


◇お世話になっています

現代アートスクール
アートト・
オーディエンス コース
2016 ~


活版印刷
Bird Design
Letterpressさん


アンティーク・
チェコ雑貨のお店
bábovkaさん

ステキに頑張る
女性たちへ
うららケア

刺繍工房
UN
EMBROIDERY
STUDIO


◇その他

ブログタイトルのこと
MADAR GALLERY

ご意見などは、
*MADAR GALLERY*
Contact
またはこちらからお気軽にどうぞ☆


・・・・・・・

カテゴリ
最新の記事
La Fee Delice
at 2018-07-15 09:46
月曜日の朝
at 2018-07-11 08:57
プラネタリウム
at 2018-07-07 00:00
『男と女、モントーク岬で』
at 2018-07-05 23:44
傘を片手に
at 2018-06-23 23:45
Vincent Moon &..
at 2018-06-11 00:35
6月は
at 2018-06-10 14:03
『君の名前で僕を呼んで』
at 2018-06-03 23:44
週末は・・・
at 2018-06-03 15:43
「Face to Face ..
at 2018-05-16 17:13
「チャペック兄弟と子どもの世..
at 2018-05-05 14:12
カリグラフィーの世界
at 2018-04-23 23:41
子どもの本とおもちゃの店「百..
at 2018-04-23 23:39
考える日、となる。
at 2018-04-23 23:34
ボタニカへ
at 2018-04-23 23:26
葛飾北斎と屋形船
at 2018-04-18 17:28
3331 Arts Chiy..
at 2018-04-14 19:27
Museum of Brok..
at 2018-04-14 19:22
映画『しあわせの絵の具 愛を..
at 2018-04-05 23:17
イーサン・ホーク
at 2018-04-05 23:08
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
検索
お気に入りブログ
ブログジャンル