MADAR GALLERY



<   2017年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


加藤アキラ [孤高のブリコルール]



c0121933_010577.jpg

c0121933_0113427.jpg

c0121933_011452.jpg

c0121933_012329.jpg

c0121933_0121930.jpg

c0121933_0123593.jpg

c0121933_0125426.jpg

c0121933_0131372.jpg


5月28日(日)
加藤アキラ [孤高のブリコルール] 展へ。

ブリコルール(器用人)とは、ありあわせの道具や材料を用いて自分の手でものを作る人のこと。フランス語のbricoler(繕う)に由来。


加藤アキラさんは、1960年代に前橋を舞台に活動した「群馬NOMOグループ」の作家としてご活躍。
車の整備工として勤めるかたわら作品制作を行っていた加藤さんは、アルミニウムやワイヤーブラシなど身の回りにある道具や素材を用いた作品で注目を集め、1969年には全国的に評価の高い新人が選出される「現代美術の動向展」(京都国立近代美術館)に選出されます。
群馬NOMOグループの「NOMO」とは、Non Homo Sapiensの略で、近代的な人間的価値観を否定し、人間存在を根底から見直すという意味が込められているそうです。
また、英語の「No More(繰り返さない)」の意味も含むそうです。

広々とした空間。未来都市のような巨大な作品の数々に圧倒されました。
鮮やかな青が印象的な2004年の作品「天と地の間」
割り箸・木・水性塗料で制作されたパーツを、すべて20度の角度に設定。
10日間かけて設置されたそうです。
日常に埋もれていく産業製品などに息吹を与える加藤さんの作品。
人間らしさも伝わってきます。

また、この日は舞踊家・田中泯さんのダンス「物とカラダの間で」を上演。
静かな空間での足音と凛とした表情。そこにいる人々がその姿に引き込まれます。
大量の砂鉄で制作された 2013年の作品「環」
この作品の前で舞う姿は、加藤さんの創作人生そのものを表現していたようにも感じました。
1989年に共演したお二人。この作品は、お二人の「年輪」のようにも見えました。

今回の展覧会は、驚くような不思議なご縁がたくさんありました。
そして、短い時間ではありましたが、加藤さんに感想もお伝えできました。

「創造力は芸術家の特権ではない。若い貴方が芸術家であるなら人とヒトを繋ぐきっかけを創ることにほかならない。私も老いた。それでも、もう少し一人の現在でありたいと思う。」

-「社会芸術”自力更生車+α計画”2010 in 宇都宮とその周辺」(2010年)









by madargallery | 2017-05-31 00:13 | ART

アーツ前橋



c0121933_02122.jpg

c0121933_023677.jpg

c0121933_025217.jpg

c0121933_032462.jpg

c0121933_033411.jpg

c0121933_04912.jpg

c0121933_042772.jpg

c0121933_043936.jpg


群馬県前橋市にある「アーツ前橋」へ行ってきました。
2013年に開館した芸術文化活動の支援や振興を担う施設です。
日本百名山にも数えられる赤城山をはじめ自然に恵まれた場所でもあり、近隣には前橋文学館をはじめ、文学館・資料館など数多くの施設もあります。
市街地中心部の商業施設を改修し生まれ変わった新しいタイプの美術館建築で、モダンな印象を受けました。

5月最後の週末、加藤アキラ [孤高のブリコルール] -それでも前衛美術であり続けること-展へ。
たくさんのお客様が芸術鑑賞を楽しんでいました。
この日は、中堅アーティストを紹介する企画展「Art Meets」も開催中で、田幡浩一さん・三宅砂織さんの作品も楽しむことができました。

地上階の道路に面したガラス張りのスペースにあるアーカイヴ。
アーツ前橋の活動を記録する資料のほか、美術・芸術に関する和書・洋書・雑誌が閲覧できます。
また、カフェスペース「ROBSON COFFEE ARTS MAEBASHI」
ゆったりできる空間でいただくクロックムッシュ・・・美味しかったな~。
そして美術館でのお楽しみ「ミュージアムショップ」
アーツ前橋ミュージアムショップ mina(ミーナ)では、豊富なアクセサリーやこの土地ならではの可愛いグッズもありました。

一番印象的だったのは、学芸員、スタッフ、サポーターの方々の笑顔です。
空間や作品についての質問に、わかりやすく丁寧な解説は、私たちに安心感を与えてくれます。

企画や運営、そして、それらを楽しむ人々。
楽しみながら前橋の芸術文化を支えている姿を感じることができました。


【写真】加藤アキラ [孤高のブリコルール]  アーツ前橋にて01
【写真】加藤アキラ [孤高のブリコルール]  アーツ前橋にて02









by madargallery | 2017-05-31 00:04 | ART

ハリーのしっぽ



c0121933_166171.jpg

c0121933_1357016.jpg

c0121933_13571773.jpg

c0121933_13572839.jpg

c0121933_1682134.png

c0121933_13575220.jpg


新進気鋭の若手演奏家による次世代のサウンドを追求する技巧派インストゥルメンタルバンド「ハリーのしっぽ
お天気の週末、渋谷セルリアンタワー「JZ Brat Sound of Tokyo」にてライブが開催されました。

「JZ Brat Sound of Tokyo」でのライブのラインナップは、日本のミュージシャンを中心にスタンダードジャズからフュージョン・ソウル・ポップスなど。
ジャンルにとらわれる事なく、クオリティーの高い生演奏が堪能できます。
鮮やかな赤と青を基調とした華やかな空間、アーティストの演奏の様子を壁に映し出す演出、ライブをイメージしたオリジナルカクテルの美しさも印象的です。

「ニュー・シネマ・パラダイス」「美女と野獣」など、うっとりとした時間を。
また、オリジナル「ヘイ・デイ」のリズムにあわせ、会場が盛り上がりました。
作曲の舞台裏に、新感覚農業ゲーム「ヘイ・デイ(Hay Day)」の存在があったとは(笑)
「エリーゼのために」「肥後手鞠歌~あんたがたどこさ~」
マイケル・ジャクソンの楽曲をカバーした、2CELLOSバージョンでも人気の「Smooth Criminal」など数々の名曲を驚きのアレンジで演奏。
最後に、1st Albumに収録されている「都市の陰影」は、スタイリッシュかつ躍動感溢れる世界を届けてくれました。


音楽がもっと好きになった日。
そして、想いが明確になった瞬間。


「ハリーのしっぽ」の皆さん。
そして、ぐっさん。
素敵な時間をありがとうございました。

ちなみに「永遠という名の恋を僕らはまだ知らない」も、おすすめです☆
















by madargallery | 2017-05-23 08:55 | はじまりとこれから

てくてく歩く。



c0121933_18183865.jpg

c0121933_18184699.jpg

c0121933_18185581.jpg

c0121933_1819361.jpg

c0121933_18191183.jpg


てくてく歩く。

横浜元町のダイニングレストラン 汐汲坂ガーデン山手イタリア山庭園えの木てい、そしてPeace flower marketへ。
元町・山手の新しい発見、みどりの日。

てくてく歩く。
ただただ、てくてく歩く。

お互いのことをよく知っているから、余計な心配はいらないね。
日常の出来事にケラケラ笑って、「またね」ってバイバイ。

ランチからティータイムまでの、元気時間。










by madargallery | 2017-05-04 18:19 | 日々のこと


しおざき まさこ の日々のこと

by madargallery
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Profile


ART空間散歩人
しおざき まさこ


・・・・・・・


「ART空間散歩人」として、美術館や劇場をはじめ、素敵なART空間を散策し、自分なりの言葉で綴っています。
アート、映画、音楽が大好きです。

人と人とのつながりを大切に、緑溢れる公園・カフェ・美術館など様々な空間で、既存の枠にとらわれることなく自由な発想で芸術を楽しむ⋯
これからもそのような、空間をつくるお手伝いをしていきたいと思っています。そして、皆さんと楽しい時間を共有できたら嬉しいです。

また、刺繍作家・イラストレーターとして、日々創作活動を続けています。

どうぞよろしくお願いいたします。


twitter

masako shiozaki's illustration website MADAR GALLERY

facebook

路地裏の小さな雑貨屋さんMADAR GALLERY


◇お世話になっています

現代アートスクール
アートト・
オーディエンス コース
2016.2017


活版印刷
Bird Design
Letterpressさん


アンティーク・
チェコ雑貨のお店
bábovkaさん

ステキに頑張る
女性たちへ
うららケア

刺繍工房
UN
EMBROIDERY
STUDIO


◇その他

ブログタイトルのこと
MADAR GALLERY

ご意見などは、
*MADAR GALLERY*
Contact
またはこちらからお気軽にどうぞ⋯☆


・・・・・・・

カテゴリ
最新の記事
葉月ホールハウス
at 2017-08-19 00:43
TRUNK(HOTEL)
at 2017-08-19 00:38
かもめブックス
at 2017-08-19 00:31
吉野町煉瓦倉庫(旧吉井酒造煉..
at 2017-08-18 19:25
静かに狂う眼差し―現代美術覚書
at 2017-08-01 00:06
Nina Simone
at 2017-07-23 23:59
『Remembering M..
at 2017-07-23 23:33
LYURO
at 2017-07-09 21:54
レニングラード・ ホテル
at 2017-07-05 10:16
月光荘サロン 月のはなれ
at 2017-06-18 22:02
「では また 東京駅で」
at 2017-06-18 20:53
食とアートで 巡る、つながる。
at 2017-06-18 19:25
加藤アキラ [孤高のブリコル..
at 2017-05-31 00:13
アーツ前橋
at 2017-05-31 00:04
ハリーのしっぽ
at 2017-05-23 08:55
以前の記事
画像一覧
検索
お気に入りブログ
ブログジャンル