MADAR GALLERY



<   2014年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧


田中信太郎 岡﨑乾二郎 中原浩大 かたちの発語展

田中信太郎 岡﨑乾二郎 中原浩大
かたちの発語展

横浜から発信する男たちの熱き生き様

c0121933_16543098.jpg


日本郵船の湾岸倉庫を利用したアート拠点「BankART Studio NYK」で、「田中信太郎 岡﨑乾二郎 中原浩大~かたちの発語展」が開催されました。
原口典之展/2009年、朝倉摂展/2010年、川俣正展/2012年に引き続き、BankART Studio NYK全館を使っての個展シリーズの第4弾。
個展形式で、各作家新旧作品含めて大型の作品群が繰り広げれられます。
日本の現代美術を牽引し、また同世代に大きな影響を与えてきた田中信太郎、岡﨑乾二郎、中原浩大の「かたち」に焦点をあてた展覧会。
会期中、3人でのトークショーやゲストを招いての対談も予定されています。

タイトルの発語とは、辞書によると「言いだすこと。また、言い始めの言葉」
世代も作品スタイルも異なる3人のアーティスト。彼等に共通しているのは、まさにこの「発語」のように「意味を与えないかたち」を常に表現し続けてきたことだといえるでしょう。
今回会場となるBankART Studio NYKは、1953年に竣工された港湾倉庫時代の姿をとどめるコンクリート打放のハードな空間。
現代美術、建築などの展覧会、音楽、レクチャー、ダンスなどの多目的スペースとして利用されており、横浜から数多くのアートを発信してきました。
今回個展形式で開催する「かたち」が、BankART Studio NYKの空間とどのように融合し新しい世界を生み出すか期待されています。

c0121933_16555927.jpg


展覧会は和やかな雰囲気で幕を開けました。
オープニングパーティでは気持ちの良い夜風の中、渡辺巧教横浜市副市長をはじめ、3人のアーティスト、そしてBankART1929代表 池田修氏がそれぞれの熱い想いを伝えました。
国立国際美術館(大阪)以来13年ぶりの個展となる田中信太郎氏は、表現者として「展覧会ができる歓び」を静かに語りました。岡﨑乾二郎氏はユーモアを交えながら今回の展覧会への意欲を力強く語り、中原浩大氏は昨年秋の岡山での個展開催後、今回の展覧会のために短期間に全力を注ぎ完成させた作品のことを紹介しました。

c0121933_16553660.jpg
c0121933_16563278.jpg
c0121933_16564428.jpg


2014年、横浜市は東アジア文化都市に選定されました。
第5回展となる「ヨコハマトリエンナーレ2014」も8月から11月に開催されます。また、同時期に「黄金町バザール2014 仮想のコミュニティアジア」も開催。

横浜にとって、また現代アートにとって、きわめて重要な年です。
「田中信太郎 岡﨑乾二郎 中原浩大~かたちの発語展」を皮切りに、横浜が現代アートに溢れ、そしてそのパワーを世界に発信することができる記念すべき年になるでしょう。

c0121933_16571796.jpg










c0121933_18121045.jpg

by madargallery | 2014-04-30 16:57 | ART

田中信太郎 岡﨑乾二郎 中原浩大 かたちの発語展



c0121933_171365.jpg
c0121933_1714578.jpg


c0121933_1721246.jpg
c0121933_1722481.jpg


c0121933_1723957.jpg
c0121933_173033.jpg



【作家プロフィール】

田中信太郎|たなかしんたろう
1940年東京生まれ。1959年より読売アンデパンダン展に出品。60年「ネオダダイズムオルガナイザーズ」に参加。69年パリ・ビエンナーレ、71年サンパウロ・ビエンナーレ、72年ベニス・ビエンナーレ等、国際的に活躍。最近では、越後妻有アートトリエンナーレにおける「赤とんぼ」作品や、2001年インド・トリエンナーレ、03年国立国際美術館での回顧展など、充実した活動が続いている。

岡﨑乾二郎|おかざきけんじろう
1955年東京生まれ。82年パリ・ビエンナーレ招聘以来、数多くの国際展に出品。2002年にはセゾン現代美術館にて個展。同年「ヴェネツィア・ビエンナーレ第8回建築展」(日本館ディレクター)、現代舞踊家トリシャ・ブラウンとのコラボレーションなど、つねに先鋭的な芸術活動を展開。著書に『ルネサンス 経験の条件』(文春学藝ライブラリー)など。

中原浩大|なかはらこうだい
1961年岡山生まれ。岡山県倉敷市出身の美術家・彫刻家。京都市立芸術大学大学院美術研究科修了。京都市立芸術大学彫刻科教授。ドローイング、立体、映像、パフォーマンス、インスタレーションなど多岐に渡る表現方法をもちい、様々な置き換えや交換によって、それまでのアカデミックな意味での彫刻の概念の拡張をはかる。また、個人での作品制作の他、共同研究・プロジェクトなどにも積極的に携わっている。



・・・

田中信太郎 岡﨑乾二郎 中原浩大
かたちの発語展

日時:4月25日(金)-6月22日(日)11:00-19:00
オープニングパーティ 4月25日(金)19:30-
観覧料:一般1,200円 / 学生800円
※高校生以下 65歳以上、障害者の方は無料
主催 BankART1929
助成 芸術文化振興基金
http://www.bankart1929.com/

・・・









c0121933_18121045.jpg

by madargallery | 2014-04-30 16:45 | ART

清澄白河アート散策



c0121933_19375747.jpg

清澄白河にあるTAP Galleryで開催中の、林隆喜写真展『メヒコ1984』へ行ってきました。
今回展示の作品は、1984年に1ヶ月をかけてメキシコ国内を旅しながら撮影したものだそうです。
モノクロの世界は奥行があり、まるで映画のワンシーンのようでした。
また、マットな質感が写真の数々をより引き立てているように感じました。
(イルフォードのコットンペーパーベースの印画紙を使用したニュープリントだそうです。)

主催者である村越としやさんの作品や言葉の世界に興味があり、今回足を運ぶきっかけとなりました。
お声をかけていただきありがとうございました。

清澄白河はアートの街。
東京都現代美術館深川江戸資料館、数々のコンテンポラリーアートの最前線にふれられる場所でもあります。

c0121933_19223629.jpg
c0121933_19224812.jpg
c0121933_1923682.jpg
c0121933_19225672.jpg
c0121933_19234185.jpg
c0121933_19381822.jpg


どこまでも、どこまでも歩きたくなる街でした。

林隆喜写真展『メヒコ1984』
5月11日(日)まで開催中です。










c0121933_18121045.jpg

by madargallery | 2014-04-29 19:16 | ART

DAICHI MIURA LIVE TOUR 2014「The Entertainer」



c0121933_2135575.jpg

三浦大知くんのLIVEへ行ってきました。
2014年ツアー DAICHI MIURA LIVE TOUR 2014「The Entertainer」
会場となったNHKホールは、たくさんのファンで埋め尽くされ、熱気でいっぱいでした。

J-WAVEから流れた曲『The Answer』
衝撃的な出会いでした。
そして、2010年のZepp TokyoでのLIVE。
年々パワーアップしている大知くん。
今年はそこに色っぽさが加わったような気がきます
大知くんのパフォーマンスとお人柄が、多くのファンのハートを掴み、その答えが会場を見渡せばよく伝わってきました。
丁寧な舞台構成、アートを感じさせる部分。
そこからは、大知くんの日々の洞察力の鋭さを感じることができました。

「The Entertainer」
ダンス、歌、そして人としても素晴らしい。彼こそが最高のエンターテイナー。
パフォーマンスをしている時のセクシーさ、MCの丁寧さ、
ファンをとても大切にするところ、いつも深々とおじぎをする謙虚なところ。
・・・全部彼の魅力なんだと思います。

三浦大知くんに心から感謝。。。
そして、このLIVEに携わった全ての皆さんにもお礼を伝えたい。
ダンサー・バンド・スタッフの皆さんにも改めて感謝します。
素晴らしい時間をありがとうございました!

これからのご活躍も応援しています。
本当にありがとう。












c0121933_18121045.jpg

by madargallery | 2014-04-28 21:34 | 心に響く音楽

赤松陽構造と映画タイトルデザインの世界

東京国立近代美術館フィルムセンターへ行ってきました。
現在『赤松陽構造と映画タイトルデザインの世界』が開催中です。

c0121933_1018034.jpg
c0121933_10185196.jpg

上映が始まり題名の文字がスクリーンに現われる瞬間、何を感じますか?

「赤松陽構造と映画タイトルデザインの世界」では、現代の映画タイトルデザイン界の第一人者である赤松陽構造氏の業績を紹介するとともに、無声映画時代から華やかな字体で映画を彩ってきた日本のタイトルデザインの歴史についても解説しています。

東京裁判(1983年、小林正樹監督)のタイトルで大きく注目された赤松氏。
その後も、ウォーターボーイズ(2001年、矢口史靖監督)、横道世之介(2013年、沖田修一監督)等、400以上の作品にタイトルを提供してこられました。
また、2013NHK大河ドラマ「八重の桜」のタイトルも手掛けられたそうです。

c0121933_10183276.jpg
c0121933_10184141.jpg


映画は総合芸術といわれますが、まさに『映画文字の芸術』
どんな映画も、題名とともに私たちの記憶に刻まれてゆきます。

赤松氏のHPに綴られている言葉。

『作品の心を題字で表現します。』


・・・

赤松陽構造
あかまつ・ひこぞう

1948年、東京都中野区生まれ。1969年に急逝した父親の跡を継いで映画タイトルデザインの仕事を始めてから、現在までに400以上の作品を担当、現代日本の映画タイトルを代表するデザイナーとなる。日本タイポグラフィ協会会員。第66回毎日映画コンクール特別賞、文化庁映画賞[映画功労部門]を受賞(いずれも2012年)。

・・・










c0121933_18121045.jpg

by madargallery | 2014-04-25 10:19 | ART

オンリーワン ジュエリー

先週末、南青山にあるスパイラルのエントランス横のShowcaseでドイツのニューコンセプトリング「cliccmi」と出会いました。

c0121933_10104042.jpg
数々のデザイン賞を受賞するドイツのジュエリーデザイナー、トーマス・ギーゼンが、アクリルリングと貴石による新しいコンセプトリング「cliccmi(クリックミー)」ブランドを発表。日本での販売も開始されるとのこと。
cliccmiは、カラーバリエーション豊富な特殊アクリルを用いたリングベースと、様々な貴石によるボールを、フィッティングパーツを使わずに付け替えることができる、全く新しいスタイルのカジュアルリング。

なんといってもアートを身につけるような感覚が魅力的です。

そして、代官山ヒルサイドテラスで開催された『New Jewelry -Spring Market- @代官山ヒルサイドフォーラム』へ。

c0121933_10111071.jpg
c0121933_10112211.jpg
c0121933_10113495.jpg

LT shopさんも陶製のアクセサリーなど、日用品から身につけるものまで数多くの商品を取り揃えて出店されていました。
ガラスを使ったジュエリー、身の回りにいる家族や友人、恋人のように親密で、生活にそっと寄添うようなアクセサリー、リボンを織り込んた色鮮やかなジュエリーなど、それぞれのストーリーを読むだけでも楽しいイベントでした。

これからも、装いや個性を惹きたててくれる、そんなオンリーワン ジュエリーに出会える機会がたくさんありますように。









c0121933_18121045.jpg

by madargallery | 2014-04-25 10:11 | ART

東京散歩



c0121933_10145195.jpg
c0121933_1015415.jpg
c0121933_10151560.jpg
c0121933_101523100.jpg
c0121933_10153198.jpg










c0121933_18121045.jpg

by madargallery | 2014-04-25 10:05 | ART

画廊巡り

東京アートアンティークが始まりました。
東京アートアンティークとは、日本橋・京橋地域の美術店・ギャラリーを初心者でも楽しくまわれるよう、さまざまなイベントが企画されています。
骨董巡りやお気に入りのアート探しを楽しめる3日間となっています。

ここでおすすめの画廊をご紹介。

東京都中央区日本橋にある不忍画廊さん。
1960年 上野池之端・不忍池端にて開廊。
1960年代当時より、「靉光展」、「池田満寿夫銅版画展(池田の最初の個展)」などを開催、その他、長谷川利行、中村正義、斎藤真一、大島哲以、駒井哲郎など日本画・洋画・現代版画を問わず“異色作家”と言われるような個性の強い作家を紹介されています。
正面には百貨店建築として初の重要文化財となる日本橋高島屋と緑の木々。
まるで外国のいるかのような雰囲気が本当に素敵です。
現在『池田満寿夫と、斎藤真一と、長谷川利行 名作×名作×名作による“実験展示”』が開催中です。

c0121933_1012417.jpg
c0121933_1014366.jpg


東京都中央区京橋にある画廊、四季彩舎さん。
1996年に設立した東京都中央区の京橋仲通りにある画廊です。
取扱作家は高塚省吾(2007年5月28日没)、ミズテツオ等ベテラン作家の他、金丸悠児、瀧下和之、安岡亜蘭等の若手作家を展開。個展を中心に年間7〜8本の企画展を開催すると同時に、アートディレクションも幅広く手がけられています。
現在、東京アートアンティークの会期に合わせ『♡Animals展』が開催中。
新進気鋭の若手アーティストたちによる動物をモチーフにした展覧会。
可愛らしいタイトルと深みのある作品の数々。独特な世界に引き込まれてしまいます。

c0121933_1021554.jpg
c0121933_1022692.jpg


不忍画廊さん、四季彩舎さんでも、作家や作品についての質問を笑顔で丁寧に教えていただき感謝しています。
ありがとうございました。

気候のよい、この季節。
東京アートアンティークとともに素敵な画廊巡りがおすすめです。










c0121933_18121045.jpg

by madargallery | 2014-04-25 10:03 | ART

HOTEL ORACLE



c0121933_1227955.jpg



Postalco Shopさんより、またまたお洒落なカードが届きました。
ステキなイベントのご案内です。

・・・

HOTEL ORACLE

ちょっと張りつめていませんか? ポスタルコと写真家のジェイソン・フルフォードが仕組んだホテルオラクルのスパとゲームルームへどうぞ。ジェイソンの著書『ホテルオラクル』とポスタルコとで制作されたジグソーパズルがポスタルコショップに置かれています。パズルをひとつふたつ動かしてみて下さい。ショップでのレセプションにはジェイソンが来てくれることになりました。その日は『ホテルオラクル』をお買い上げになった方に、ホカホカの「なにか」と地図を渡しますので、それを持ってショップからほど遠くない指定の場所へ行って下さい。そこではジェイソンが待っていて、本にサインをしてくれます。また一緒に流れる音に浸かってみて下さい。それこそがホテルオラクルのスパです。

・・・











c0121933_18121045.jpg

by madargallery | 2014-04-17 12:27 | ART

酒は、なによりも適量です。

先日、久しぶりに目にしたサントリーのモデレーション広告。
そこにはこう書いてありました。

・・・
歓迎会、
先輩の「まだ大丈夫」は、
後輩の「もうダメ」かも。
・・・


お洒落なイラストは、フィリップ・プチ=ルーレ氏。

c0121933_193539.gif



モデレーションとは、「ほどほど」あるいは「中庸」という意味。
サントリーでは、1986年から業界に先駆けて、「酒は、なによりも適量です」というメッセージを盛り込んだ「モデレーション・キャンペーン」を全国紙で展開、適正飲酒の大切さを訴え続けています。
さまざまな飲酒にまつわる啓発を行い、適正飲酒について理解を深めていただくように努められています。

私はこの広告に大変興味があり、過去にもサントリーさんからモデレーションブックを数冊送っていただきました。(現在、残念ながら配布はされていないそうです。)
このモデレーションブックはモノトーンで非常にシンプルな一冊ですが説得力があります。

c0121933_1931933.gif
c0121933_1932972.gif
c0121933_1933965.gif
c0121933_1934858.gif

4月は何かとお酒の席が多いと思います^^
あの楽しい雰囲気はいいですよね~。
この季節、皆が楽しく飲めるようなお酒にしましょう!

酒は、なによりも適量です。











c0121933_18121045.jpg

by madargallery | 2014-04-16 21:03 | ART


しおざきまさこの日々のこと

by madargallery
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Profile
MADAR GALLERY
しおざきまさこ

ART空間散歩人
刺繍作家
イラストレーター
小さな雑貨屋さん

「ART空間散歩人」として、美術館や劇場をはじめ、素敵なART空間を散策し、自分なりの言葉で綴っています。
アート、映画、音楽が大好きです。
また、刺繍作家・イラストレーターとして、日々創作活動を続けています。
よろしくお願いします。

ご意見などは、メインサイト*MADAR GALLERY*
Contact
またはこちらからお気軽にどうぞ・・・♪

masako shiozaki's illustration website MADAR GALLERY

twitter

facebook

路地裏の小さな雑貨屋さんMADAR GALLERY





◎お世話になっている
お店


アンティーク・チェコ雑貨のお店
bábovkaさん



◎その他の活動

ステキに頑張る
女性たちへ
うららケア

刺繍工房
UN
EMBROIDERY
STUDIO
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
検索
ブログジャンル