MADAR GALLERY



<   2013年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧


映画 『ブランカニエベス』





2013年12月公開!映画『ブランカニエベス』 公式サイト










c0121933_18121045.jpg

by madargallery | 2013-10-27 14:31 | 映画のはなし

秋のイベント 2013年もみじ市



c0121933_21542019.jpg


陶芸家、布作家、料理家、音楽家、農家、イラストレーター、エッセイスト、カフェなどさまざまな ”ものづくりびと” が青空の下に2日間だけのマーケットを開く「もみじ市」に行ってきました。
まさに大人の文化祭!

残念ながら、日曜日はあいにくの雨。
場所は、東京オーヴァル京王閣での開催となりました。
雨の中でも「こんにちは~!」と元気な声で迎えてくれたのが嬉しかったです^^

お目当ては、キノ・イグルーさんの「テントえいがかん」
もみじ市にはもはや欠かすことのできない存在となったキノ・イグルーさんの青いテントの映画館で観る世界の短編アニメーション。
色彩といいストーリーといい、やっぱりかわいい!
有坂さん、渡辺さん、ありがとうございました^^
11月も楽しみにしています。



スクリーンの前で、人は自由だ。

あなたは普段、誰かのお母さんで、誰かの子どもで、誰かの上司で、誰かの部下で、誰かの先輩で、誰かの後輩で、もしかしたら村長かもしれないし、どこかの国の王様で、お姫様かもしれないけど。映画の上映中だけは、肩書きを忘れ、私たちは何者でもなく、ひとりの人間になる。

“彼ら”はいつだって、映画を通してそんなことを教えてくれる。

もみじ市HPより











c0121933_18121045.jpg

by madargallery | 2013-10-24 21:58 | ART

フリーダ・カーロ

メキシコの女流画家フリーダ・カーロ。
その生涯をサルマ・ハエックが演じた映画『フリーダ
愛と色彩と情熱の物語はとても印象的です。

また、yardさんのブログでフリーダの貴重な銅版画がご紹介されています。
是非、実際に拝見したい作品です。



憧れのフリーダ・カーロへの想いを胸に、私なりの表現のひとつ「刺繍」というかたちで彼女を描いてみました。

c0121933_22443439.jpg

c0121933_22444664.jpg


優しい雰囲気と、まっすぐ前を見つめる瞳。
強い自由への意識と独立心。
人生をあるがままに受け入れ、 苦しいときでさえも一瞬一瞬を楽しんだフリーダ。
彼女の人生と、ありのままの自分を作品に写す姿勢に影響を受けたアーティストは、世界中に溢れています。











c0121933_18121045.jpg

by madargallery | 2013-10-23 22:50 | 刺繍など

小林健二展 『Witches' Relics - 魔女たちの遺品 - 』



c0121933_10245552.jpg

アーティスト小林健二さんの展覧会のご案内をいただきました。

小林健二さんのことは、Twitterを通して知ることができました。
(過去のブログ
フォローをしてくださったGallery MORYTAさん(福岡市中央区のけやき通りにある現代美術を中心に紹介しているギャラリー)の情報を拝見したのがきっかけです。
小林さんの作品は、本当に美しく神秘的です。



小林健二展 『Witches' Relics - 魔女たちの遺品 - 』

Gallery MORYTA 
2013年10月19日(土)- 2013年11月17日(日) 11:00 - 19:30(月曜休廊)

今回の展示は画廊内の小部屋にてのインスタレーションとなります。
また、ギャラリー内ではマルチプル及び結晶作品を展示。
詳しくはこちらから。











c0121933_18121045.jpg

by madargallery | 2013-10-23 10:26 | ART

歓びを歌にのせて(ガブリエラの歌)















c0121933_18121045.jpg

by madargallery | 2013-10-22 22:10 | 心に響く音楽

大野一雄フェスティバル2013



c0121933_20501194.jpg


大野一雄フェスティバル2013
再び、時代の魂としての身体表現


10月12日、横浜にあるBankART 1929で開催中の『大野一雄フェスティバル2013』へ行ってきました。
2004年第1回のフェスティバルで「時代の魂としての身体表現」というテーマで大野一雄自身に焦点を当てたプログラムを展開。
フェスティバルは規模を拡大し、視野を広げ、今年で10年目を迎えられたそうです。

c0121933_20511184.jpg
c0121933_20512399.jpg
c0121933_20545041.jpg


アーカイヴ資料展示として、大野一雄舞踏研究所の資料より、舞踏家、舞踊関係者等の証言を収録したインタビュー映像集も公開。

記念すべき年、そして自分にとっての記念の日に選んだイベントは、フランスコンテンポラリーダンスを感じること。

10月12日、13日のプログラムは、ユヴァル・ピック「Danse Tout Terrain」
Danse Tout Terrainとは、「あらゆる場所で踊る」の意。

リヨン都市共同体(グラン・リヨン)にあるリリュー・ラ・パプ国立振付センターのカンパニーの初来日公演です。
ディレクター、ユヴァル・ピック振付「Play Back」とフレデリック・グラヴァルによる新作「BWV245」の2本立て。いずれもヨハン・セバスチャン・バッハの楽曲をテーマとするプログラム。
彼らが愛するバッハの曲を「プレイリスト」に集め、バッハの真髄に迫ります。

会場となったBankART Studio NYK。
NYKホールは、1953年に竣工された港湾倉庫時代の姿をとどめるコンクリート打放のハードな空間。
イベント・展覧会など多目的スペースとして利用されています。
今まで開催された多くの展示とはまた違った空間。
暗くて広々とした空間には、ほぼ同じ目線のステージと椅子。
緊張の空気が流れていました。

ダンサーたちの強い視線、汗、呼吸。
制御がきかなくなるまで追い詰められた表現には圧倒されるものがありました。

また、レセプションでは貴重な体験をさせていただきました。
溝端様・赤沼様をはじめ皆様、ありがとうございました。



この世界はとても広く深い。

Danse Tout Terrain  あらゆる場所で踊る



c0121933_20515232.jpg












c0121933_18121045.jpg

by madargallery | 2013-10-19 08:52 | ART

ささめやゆき 「イタリアの道」展



c0121933_20154764.jpg

Bunkamuraで開催中のスケッチ集発売記念 ささめやゆき「イタリアの道」展へ行ってきました。

版画家として活躍する一方、イラストや書籍挿画、絵本など幅広い分野で数々の作品を発表しているささめやゆき先生。
先生の西洋の香り漂う、深い色彩と素朴な筆遣い、ユーモアな描線は人を惹きつける力があります。
描かれたイタリアの街からは、先生のイタリアに対する特別な想いが伝わってきます。
そして、旅をしたくなりました。

c0121933_20165434.jpg

c0121933_2017584.jpg

以前、大田区鵜の木にあるHasu no hana CAFEさんで開催された中里和人展「鵜の木のグリム」では、お声をかけることができませんでした。
幸いにも今回はギャラリーでお会いすることができ、貴重な時間を過ごすことができました。
10月15日は先生にとって記念の日だそうです。
私にとっても特別な日となりました。ありがとうございました。

10/22(火)まで開催中です。











c0121933_18121045.jpg

by madargallery | 2013-10-18 20:26 | ART

P!nk - Just Give Me A Reason ft. Nate Ruess















c0121933_18121045.jpg

by madargallery | 2013-10-15 22:34 | 心に響く音楽

Tür aus Holz von neben Strand さんへ

横浜・地下鉄みなとみらい線馬車道駅近くの万国貿易ビルディング3階にある
Tür aus Holz von neben Strand(トゥアーアウスホルツ フォンネーベンシュトランド)さんへ行ってきました。
ドイツ語で”浜の横にある木の扉”という意味のこちらのギャラリー、とても気になっていました。

c0121933_10443239.jpg
c0121933_10445999.jpg
c0121933_10434361.jpg
c0121933_10435875.jpg
c0121933_1044162.jpg

オーナーの内藤さんが、ヨーロッパや九州各地から仕入れた古道具や雑貨を販売。
国内外の作家さんの作品、ギャラリースペースとしての展示を通じて、人と人とのつながり、物と人との出会い、日常のアートの在り方を、2つの木の扉の向こう側で表現されています。
また、雑誌等にもご紹介されている内藤さんは、横浜や沖繩・都内等で飲食店の立ち上げやアートイベントの企画・プロデュースなどを幅広く手がけてこられました。
癒しの空間で、私の活動についての話題もどんどん引き出してくださり、楽しい時間を過ごすことができました。

現在、画家の吉本伊織さんの「ケガレトヒジリ」展が開催中。
10月25日(金)26日(土)に山下公園で開催されるナイトワーフマーケットで展示する作品の組み立てをされていました。
制作中のアーティストの方とゆっくり会話を楽しめることは嬉しいことです。
ありがとうございました。

まるで、おもちゃ箱のような不思議な空間。
大好きな横浜で、またステキなギャラリーに出会うことができました。


c0121933_10455430.jpg
c0121933_1046563.jpg
ドイツのヴィンテージエコバッグ、活躍しています^^











c0121933_18121045.jpg

by madargallery | 2013-10-14 10:49 | ART

y a r d market vol.4

いつもお世話になっているyardさんで開催されるイベントのご案内です^^


y a r d market vol.4

c0121933_1420315.jpg

2013.10/27sun. 11:00-17:00 小雨決行
詳しくは、こちらから。
この季節にぴったりのイベントです!





また、こちらもご紹介いただきました。

幻の蝶

c0121933_1421198.jpg

パントマイムの清水きよし氏の公演。
詳しくは、こちらから。
生きる喜び、哀しみ、切なさ、ユーモアとペーソスで織り上げた詩情豊かな舞台です。











c0121933_18121045.jpg

by madargallery | 2013-10-13 14:21 | ART


しおざき まさこ の日々のこと

by madargallery
Profile


ART空間散歩人
しおざき まさこ


・・・・・・・


「ART空間散歩人」として、美術館や劇場をはじめ、素敵なART空間を散策し、自分なりの言葉で綴っています。
アート、映画、音楽が大好きです。

人と人とのつながりを大切に、緑溢れる公園・カフェ・美術館など様々な空間で、既存の枠にとらわれることなく自由な発想で芸術を楽しむ⋯
これからもそのような、空間をつくるお手伝いをしていきたいと思っています。そして、皆さんと楽しい時間を共有できたら嬉しいです。

また、刺繍作家・イラストレーターとして、日々創作活動を続けています。

どうぞよろしくお願いいたします。


twitter

masako shiozaki's illustration website MADAR GALLERY

facebook

路地裏の小さな雑貨屋さんMADAR GALLERY


◇お世話になっています

現代アートスクール
アートト・
オーディエンス コース
2016.2017


活版印刷
Bird Design
Letterpressさん


アンティーク・
チェコ雑貨のお店
bábovkaさん

ステキに頑張る
女性たちへ
うららケア

刺繍工房
UN
EMBROIDERY
STUDIO


◇その他

ブログタイトルのこと
MADAR GALLERY

ご意見などは、
*MADAR GALLERY*
Contact
またはこちらからお気軽にどうぞ⋯☆


・・・・・・・

カテゴリ
最新の記事
葉月ホールハウス
at 2017-08-19 00:43
TRUNK(HOTEL)
at 2017-08-19 00:38
かもめブックス
at 2017-08-19 00:31
吉野町煉瓦倉庫(旧吉井酒造煉..
at 2017-08-18 19:25
静かに狂う眼差し―現代美術覚書
at 2017-08-01 00:06
Nina Simone
at 2017-07-23 23:59
『Remembering M..
at 2017-07-23 23:33
LYURO
at 2017-07-09 21:54
レニングラード・ ホテル
at 2017-07-05 10:16
月光荘サロン 月のはなれ
at 2017-06-18 22:02
「では また 東京駅で」
at 2017-06-18 20:53
食とアートで 巡る、つながる。
at 2017-06-18 19:25
加藤アキラ [孤高のブリコル..
at 2017-05-31 00:13
アーツ前橋
at 2017-05-31 00:04
ハリーのしっぽ
at 2017-05-23 08:55
以前の記事
画像一覧
検索
お気に入りブログ
ブログジャンル