MADAR GALLERY



<   2009年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧


いよいよスタート!

世界中の多くの人々が行き交う場である成田国際空港。
先週から、こちらの第1ターミナル 本館5階 NAAアートギャラリーで初めての個展を開催させていただいております。

憧れの場所でもある空港。
旅立つ期待感、到着の興奮。空港のこの空気が好きです。

テーマは『人々』
モノクロならではの濃淡のある線が特徴のイラストレーションで、映画やアート、音楽、話題のニュースをテーマに描いた作品の数々を展示させていただいています。

2回目の在廊となった日曜日。
私は駆け足でギャラリーへ向かいました。
なんと、そこには驚くことに温かいメッセージの数々がありました。
中には、英語や中国語でのメッセージも・・・感激です。ありがとうございます。

また、多くの方に声をかけていただきました。
空港関係者の方、親子連れの方、若い新婚さん。東京へご帰宅されるご夫婦。
アメリカからお越しの観光客のお二人・・・。
応援してくださる方がいる限り、きちんと頑張っていこうと改めて思いました。

昨年、成田空港ご担当者様からご連絡をいただき、今日に至るまでは「本当にできるのだろうか・・・」と不安になる日もありました。
でも、その根底には『必ずやり遂げる』という気持ちがあった・・・というか強く持ち続けるようにしました。

成田国際空港株式会社の土井様をはじめ、松本様、青山様、岩崎様。
引き続きお世話になりますが、どうぞ宜しくお願い致します。



『しおざきまさこ イラスト展 ~素晴らしき人々~』

日時
2009年9月25日(金)~2009年10月13日(火) 10:00~18:00(最終日15:00まで)

会場
成田国際空港株式会社(略称:NAA)第1ターミナル 本館5階 NAAアートギャラリー

〒1282-8601 千葉県成田市成田国際空港内(成田市古込字古込1-1)
TEL:(代表電話) 総務部総務グループ 0476-34-5400

第1ターミナル本館5階にあるNAAアートギャラリーにも、たくさんの『人々』が登場します。
モノクロならではの濃淡のある線が特徴のイラストレーションで、映画やアート、音楽、話題のニュースをテーマに描いた作品の数々を展示いたします。是非ご高覧ください。

成田国際空港株式会社
成田国際空港公式WEBサイト


c0121933_12415234.jpg


c0121933_12421535.jpg


30分おきに、空港内が幻想的な音と光に包まれます。
その光が、作品にも息を吹き込んでくれます。
by madargallery | 2009-09-29 12:43 | ART

「かわいい」ことを考えているおばあさん。

先日、渋谷パルコのロゴスギャラリーに行ってきました。
同じB1フロアにて開催中のLisa Larson Design Storeにも立ち寄ってみました。

1931年生まれのスウェーデンの陶芸家リサ・ラーソン。
スウェーデン陶器の黄金期を築かれた1人です。

北欧のかわいらしい動物たちの陶器作品『動物シリーズ』は、ユーモアのある表情が特徴でコレクターがいるほどです。
彼女の作品は、素朴で手の温もりを感じさせる作品が多く、本国スウェーデンや、日本だけでなく、世界中の人々により愛されています。今現在も現役で活躍し続けています。

この、Lisa Larson Design Storeのよかったところ。
それは、『空間』の作り方です。
彼女の作品を制作する工場の写真。彼女本人のサマーハウスでの制作風景。
数多くの写真等を圧迫感を感じさせずに展示する方法。動物たちが生き生きと見える角度。すべてがきちんと考えられていました。
この東京の地下にスウェーデンの癒しの空気を持ってくるレイアウトに感心しました。

23日まで開催中です。

c0121933_16343438.gif
by madargallery | 2009-09-21 16:34 | 映画のはなし

ステキに頑張る女性たちへ

毎日元気印の私でも、30代後半になるとカラダに対していろいろと真剣に考えるようになりました。
・・・微妙な年齢です(苦笑)。
Webサイト制作の仕事で、8月末に下記のようなサイトを公開しました。


ステキに頑張る女性たちへ、ココロとカラダの話 うららケア
うららケア:http://www.urara-care.com/


「プレ更年期」の時期からできる対処法や、上手に付き合う方法を一緒に準備していくことを目標とした自社企画のポータルサイトです。
最近では、更年期の前段階の時期の30歳代後半から40歳代前半に「プレ更年期」とよばれる、更年期に似たような症状があらわれる女性が増えてきました。
この世代の女性は、家事、仕事、育児、趣味・・・がんばり屋さんが多いのです。

『そろそろちゃんと「こころ」の声に耳を傾けてみませんか?』という気持ちで制作を進めてきました。

非常にデリケートな内容の為、企画段階から立ち上げまで慎重に行ってきましたが、そこにはたくさんの方々が関わってくださいました。

前回のブログでご紹介した神楽坂 漢方 有恒薬局の小池先生、薬剤師の皆さん。
そして、女性外来のウィミンズ・ウェルネス銀座クリニックの対馬ルリ子先生、スタッフの方々。
出版社の編集長。古くからの友人でイラストレーターの風間さん。また、貴重なご意見をくださった方々。
この場をかりて心より御礼申し上げます。

このポータルサイトはこれから育てていくサイトです。
健康で充実した毎日を送るために・・・少しでもお役にたてれば幸いです。


by madargallery | 2009-09-16 01:01 | 日々のこと

粋な街、神楽坂

神楽坂 ギャラリー遊さんとの出会いは、2年程前になります。
神楽坂にある赤城神社の本殿横に佇む赤城会館の2階にある「Akagi Cafe」に行った日のことでした。
(Akagi Cafeは期間限定のカフェでした。)

その日のブログ

こちらのギャラリーは、神楽坂 漢方 有恒薬局さんの中にあるのです。
薬局とギャラリーのコラボレーション!これには、驚きました。。。
薬局の雰囲気にギャラリーがピッタリなんです。

有恒薬局の小池先生、薬剤師の皆さん。
この時の出会いが、その後の私に大きな影響を与えてくださいました。

詳しいお話は、次回のブログに続きます。
by madargallery | 2009-09-15 12:59 | ART

版画アーティスト 古知屋 恵子さんのこと

大好きな版画アーティスト 古知屋 恵子さん。
まずは、作品をご紹介します。(昨年開催された『古知屋 恵子 版画展』より)

http://gairojyu.cocot.jp/koti.html

版画アーティストの古知屋 恵子さん。
多摩川美術大学卒業後、独学で木版画を始め、現在は神奈川県茅ヶ崎にあるアトリエにおいて、本の挿し絵や水彩による絵本など様々な作品を制作しておられます。

このモダンな版画に魅せられて、レターセット、クリアファイルを使わせていただいています。

c0121933_11543523.jpg

c0121933_1253855.jpg
10月から木版画展が開催されます。
おすすめの個展です。



『古知屋恵子 木版画展』

2009.10.29(木)~11.3(祝・火)会期中無休
12:00~18:00 最終日は16:00まで

開催場所 : 神楽坂 ギャラリー遊 (神楽坂 漢方 有恒薬局内)
住所:新宿区矢来町112-5
TEL:03-3266-1955
東京メトロ東西線神楽坂駅 徒歩1分/都営地下鉄大江戸線牛込神楽坂駅 徒歩7分
東京メトロ飯田橋駅B3出口より 徒歩13分/JR飯田橋駅西口 徒歩15分



神楽坂 ギャラリー遊さん・・・
こちらも、ちょっと驚くギャラリーです^^

詳しいお話は、次回のブログに続きます。
by madargallery | 2009-09-13 12:02 | ART

地中海の女神達

今回は、いつもと違うアート巡りです。
大理石モザイクの作品展に行ってきました。

『スタジオモザイコ 大理石モザイク教室作品展
~地中海の女神達~』

場所は、南青山のギャラリー5610
入り口の広告がとてもお洒落でインパクトがあり、人を惹きつけるものがありました。

Studio Mosaico(スタジオ モザイコ)主宰の楢崎 美保子先生は聖心女子大学文学部歴史社会学科卒業後、93年パリへ留学。
同地にて古代ローマモザイクに出会いイタリア人作家Diana di Colloredo氏に師事。
96年イタリアラヴェンナにあるC.F.P Albe Steinerに入学後ヨーロッパ認定のモザイク技術資格(Tecnico della Pro duzione Muziva)を取得し卒業。
現在東京のアトリエにて古典モザイクの教室を主宰するかたわら、注文制作や作品の制作を行っていらっしゃいます。
お教室の作品展ということもあり、会場はものすごい人数でした。
そして皆さん、おキレイな奥様方ばかり!

ラテン語でモザイクの語源となることば「MUSIVA」(ムジーバ)はそもそも様々なMuse(ミューズ)、神々をまつる小さな祠の装飾からはじまったともいわれているそうです。

作品の数々は、一つ一つとても丁寧な仕事です。
イタリアから直接仕入れた様々な色、種類の天然石を使用し、大理石モザイク用ハンマーと石割台を使用して制作されるそうです。
会場では実際に石に触れさせていただけたり、ハンマーを持たせてくれたりと、貴重な体験をさせてもらいました。

天然大理石を一つ一つ小さくカットして制作するので、とても細かく地道な作業ですが、完成した時の感動は大きいと思います。

今回の記念にと、イタリアをイメージさせてくれる鮮やかな黄色のリボンの栞と、ステキなポストカードをいただきました。
ありがとうございました!

c0121933_721549.jpg
by madargallery | 2009-09-11 07:17 | ART

大活躍のファン

年々、クーラーが苦手になっていきます・・・
でも暑い、でも寒い・・・
そんな毎日で過ごしていました。

今年は風をさがして座ってみたり、暖かい格好をしてみたり、自分なりに工夫してみました。
自宅で活躍したものをご紹介します。

c0121933_10571645.jpg

「ファン 」です。そう、うちわなんです。
以前、Bunkamura アーツ&クラフツというお店で購入しました。
材質は、ポリプロピレン。ちょうど下敷きのようなイメージです。

フランス製ですが、日本の扇子をモデルにしたそうです。
Leaf(葉っぱ)の模様も美しく、軽くて持ち運びにも便利です。
見た目も涼しく、この夏、ちょっと優雅な気分にしてくれました。
by madargallery | 2009-09-05 10:57 | 日々のこと

世界名作劇場展

先月の話なんですが、放送35周年記念『ラスカルと世界名作劇場展』に行ってきました。
場所は、玉川高島屋S.C西館1Fアレーナホールです。

通勤途中の車内広告で気になっていたので、買い物の帰りに寄ってみることにしました。
サブタイトルの「時を超えて愛される物語を”五感”を通して体験」

五感って、ナニ?原画展だけではないのだろうか?・・・気になりながらも入場。
待っていたのは、等身大以上のラスカル、再現した港に立つマルコ。
子供たちがラスカルをぶったりしていて、入場早々悲しい現場を目撃してしまいました・・・
でも、よい子と思われるお子さまは、おとなしく映像を観ていました。

『世界名作劇場』は、「フランダースの犬」「あらいぐまラスカル」をはじめとした全26作品を長期シリーズとして放送されていたそうです。
日曜夜と言えば『世界名作劇場』。本当に大好きでした。
「赤毛のアン」「トム・ソーヤの冒険」など、テレビにかじりついて観ていた頃を思い出します。
「世界名作劇場」枠で放送された「南の島のフローネ」も印象的。
(原作はヨハン・ダビット・ウィースの『スイスのロビンソン』(Der Schweizerische Robinson))
好きだったんですよね。この作品。
無人島でのサバイバル生活にとても興味があり、その技術をメモしたりしていた記憶があります。
私は一体どうしたかったのでしょうか。自分でもよくわかりません。

この当時の少年・少女も、今では立派なお父さん・お母さん。
これから成長していくお子さまにも、是非紹介してほしい作品です。
by madargallery | 2009-09-01 00:04 | ART


しおざきまさこの日々のこと

by madargallery
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Profile
MADAR GALLERY
しおざきまさこ

ART空間散歩人
刺繍作家
イラストレーター
小さな雑貨屋さん

「ART空間散歩人」として、美術館や劇場をはじめ、素敵なART空間を散策し、自分なりの言葉で綴っています。
アート、映画、音楽が大好きです。
また、刺繍作家・イラストレーターとして、日々創作活動を続けています。
よろしくお願いします。

ご意見などは、メインサイト*MADAR GALLERY*
Contact
またはこちらからお気軽にどうぞ・・・♪

masako shiozaki's illustration website MADAR GALLERY

twitter

facebook

路地裏の小さな雑貨屋さんMADAR GALLERY





◎お世話になっている
お店


アンティーク・チェコ雑貨のお店
bábovkaさん



◎その他の活動

ステキに頑張る
女性たちへ
うららケア

刺繍工房
UN
EMBROIDERY
STUDIO
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
検索
ブログジャンル