MADAR GALLERY



<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


アート巡り その1

最近のアート巡りのご報告です。

『ニホンカラキマシタ』
2009/7/7(火)~12(日)

下北沢にある「ギャラリィトウキョウジョウ
ミレージャの仲間、のりさんの3人展(旅・エッセイ展)でした。

まず、このタイトル!のりさんらしいな・・・
DMもパスポートがモチーフになっていて、かわいかったです。
のりさん、ともさん、しのびまちこさん。
それぞれが、ワタシ、ニホンカラキマシタ(笑)

台湾、チェコ、韓国などを個性いっぱいに表現。
そうそう、いつも元気いっぱいの、のりさん。
韓国にハマって7年だそう。(去年のグループ展もパワフルでした^^)
アジアの力強さを全身使って表現。
今回のグループ展ではガイドブックに載ってないスポットの作品なども展示してあり、韓国の熱気が伝わってきました。のりさんのトラベラーズノートはいろいろなことがギッシリ!こちらも見応えあり。

開催中に紹介したかったのに、遅くなってごめんなさい。。。お疲れさまでした!
ちなみに、のりさんのオモシロブログはこちらです。

のりさんのブログ
http://ameblo.jp/blog-is-not-brog/
by madargallery | 2009-07-26 00:48 | ART

和菓子と工芸画廊

仕事場近くに、桃林堂という和菓子屋さんがあります。
このお店は『小鯛焼』で有名です。
なんと、身長は8センチ(笑)
小さくても中には丹波大納言粒餡の入った豪華な『たいやき』です。
「おめでとう」の気持ちを運んでくれるかわいい小鯛焼。
おめでたい記念日の贈り物には最適です。

そうそう、こちらのお店は工芸画廊が併設されています。
先日も手土産を購入をしようと立ち寄った際、松村多美子さんの藍染作品展『・・・遠い記憶・・・』が開催されていました。
藍染で、懐かしい水の記憶を表現されていました。

7月21日からは、『ガバジハウス ガラス4人展』が開催されます。
この季節に相応しい美しいガラスが展示されます。

和菓子と工芸画廊、粋な組み合わせです。
by madargallery | 2009-07-16 12:19 | ART

クルーズ船になったスパイラル!

『2009年 夏 7月1日からの39日間、スパイラルはクルーズ船になります。』
南青山のスパイラルからメールが届きました。

アートや音楽や雑貨、食事、美容とさまざまな表情を持つスパイラルは、豪華客船に変身!!
39日間限定の特別プランやメニューを用意など、楽しみたくさん!
一歩足を踏み入れると、そこは豪華客船。
マリンテイストの館内も楽しめて、ゆったりとクルーズ気分を味わえます。
こういう企画、大好き♪
パリの蚤の市で買い付けたというアンティーク雑貨もたくさん。
他にも灯台をモチーフにした雑貨も。。。スノードームの中に広がる世界がとても幻想的。

突然ですが、この夏の私のテーマは『灯台』なのであります。
灯台をテーマにいろいろと調べたりしています。
by madargallery | 2009-07-11 19:30 | ART

キング・オブ・ポップ

マイケル・ジャクソンが亡くなった・・・。
あまりにも衝撃的な出来事でした。
しばらくは言葉にまとめようにもまとめられませんでした。

世代を超越するカリスマ性。つねに私たちを楽しませてくれるエンターテイメント・パワーを持っていたマイケル。
米国の黒人音楽を国境や人種、言葉を超えて広めた偉大な存在。

90年代に入ると残念なことに作品は勢いを失ってしまった。様々な奇行やスキャンダルが目立ったのもこの頃。
でも、亡くなってしまった今も、こんなに多くの人が熱くなりマイケルを追いかけている・・・。
まさに、キング・オブ・ポップ!

大袈裟かもしれないけど、自分にとってマイケル・ジャクソンは青春時代の象徴だったと思うのです。
その象徴にピリオドを打たれたような・・・そんな気持ちです。
80年代、洋楽に狂っていた日々。
毎日、ビデオテープが擦り切れるほど見て聞いて。
雑誌という雑誌、ありとあらゆる情報にかぶりつき、音楽三昧の日々でした。
楽しかった思い出の背景には必ず、思い出の音楽があるのです。
放送委員ということを利用し、昼食の時間に怒られることを覚悟で全校放送で洋楽をかけたこと。案の定、先生に怒鳴られたこと。でも、みんなが喜んでくれたのが嬉しかったこと・・・そんなことが思い出されます。

今年の3月、マイケルはロンドンにて最終ライブを開催することを発表したのに・・・
なのに、帰らぬ人となってしまいました。本当に残念です。
心よりご冥福をお祈りいたします。


私のHPにリンクさせていただいている「New York Black Culture Trivir from Harlem」
憧れのライターの堂本かおるさんのHPです。
大阪出身の堂本さんは、ニューヨーク・ハーレム在住。
CD情報誌の編集を経て1996年に渡米。
ハーレムのパブリックリレーション会社でのインターン、ハーレムの学童保育所インストラクターを経て、現在、ライターとしてブラックカルチャー、移民/エスニックカルチャー、アメリカ社会問題について雑誌やWebに執筆されています。
ハーレムのこと、NYのエスニックコミュニティのこと、NYの時事/社会問題を書き綴るブログ「ハーレム・ジャーナル」にもマイケルのことが綴られています。
おすすめのブログです。
by madargallery | 2009-07-07 12:58 | 日々のこと

凛とした女性

時々寄るお気に入りの雑貨屋さん。
その季節にあわせた雑貨、食器などが丁寧に並べてあり楽しませてくれます。
ここ数日前から入り口には大きな笹が飾られています。
「そっか、七夕か・・・」
そこには懐かしい折り紙の飾りと短冊がユラユラ揺れていました。
帰り際、ふと目に飛び込んできた文字。

『咲き誇りたいです』

短冊に書かれた文字。
丁寧にしっかりと書かれていて、その女性の凛とした姿が想像できます。
優しい性格の背景にしっかりとした心を持っているんだろうな。。。

混沌とした世の中でも、四季を楽しむ気持ちと、夢だけは持ち続けたいですね。
by madargallery | 2009-07-01 12:15 | 日々のこと


しおざきまさこの日々のこと

by madargallery
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Profile
MADAR GALLERY
しおざきまさこ

ART空間散歩人
刺繍作家
イラストレーター
小さな雑貨屋さん

「ART空間散歩人」として、美術館や劇場をはじめ、素敵なART空間を散策し、自分なりの言葉で綴っています。
アート、映画、音楽が大好きです。
また、刺繍作家・イラストレーターとして、日々創作活動を続けています。
よろしくお願いします。

ご意見などは、メインサイト*MADAR GALLERY*
Contact
またはこちらからお気軽にどうぞ・・・♪

masako shiozaki's illustration website MADAR GALLERY

twitter

facebook

路地裏の小さな雑貨屋さんMADAR GALLERY





◎お世話になっている
お店


アンティーク・チェコ雑貨のお店
bábovkaさん



◎その他の活動

ステキに頑張る
女性たちへ
うららケア

刺繍工房
UN
EMBROIDERY
STUDIO
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
検索
ブログジャンル