MADAR GALLERY



<   2009年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧


まだ見ぬ国・チェコを夢見て・・・

先週末、銀座にあるINAXギャラリーに行ってきました。
『チェコのキュビズム建築とデザイン 1911-1925 -ホホル、ゴチャール、ヤナーク- 展 』はその日が最終日でした。

ギャラリーの入り口は、細かなタイルを使用し、美しい曲線で不思議な空間が造られています。

ピカソ、ブラックが中心となって起こった20世紀初めの美術運動キュビズム。
プラハを中心とした各地に斬新で奇抜なキュビズム建築が誕生したのです。
キュビスム芸術が、建築や工芸の分野にまで及んだ唯一の国、それがチェコ。
何とも言えない鋭角的な幾何学パターンの数々。
それらが、建築に光と影で立体感を浮かび上がらせています。

今回の展示は、当時の近代合理主義に反発を覚えた30歳前後の若き建築家たちヨゼフ・ホホル、ヨゼフ・ゴチャール、パヴェル・ヤナークの3名による建築を中心に、歴史上の希少な遺産が紹介されています。

2Fの会場は、ヨゼフ・ホホル、ヨゼフ・ゴチャール、パヴェル・ヤナーク、家具・工芸品のキュビズムの4つのコーナーで構成されていました。
キュビズム建築運動を先導した若き建築家でその中核的存在であった3人の作品はそれぞれが個性的です。

ヤナーク(1882-1956)は、キュビズム建築を理論的に牽引しながら、建築への表現を試みました。
初期の作品「ペルフジモフの家」などあります。

ゴチャール(1880-1945)は、最も多くの作品を残しました。
プラハ旧市街中心部にある「ブラック・マドンナ」や郊外の「バウエル邸」などが代表作です。

ホホル(1880-1956)は、新しい造形表現を建築に展開しました。
プラハのヴィシェフラト地区に建てられた「ネクラノヴァ通りの集合住宅」「コヴァジョヴィチ邸」など、ダイナミックな作品が代表作です。

キュビズム建築家たちは、室内に置かれる家具や照明器具、陶磁器などのデザインも数多く手がけました。それらは、建築以上にキュビズム的要素が大胆に表現されています。

余談ですが、映画『プラハ!』でも、キュビズムの要素をちゃんと取り入れていたのが印象的です。

10年以上にわたり、ホホル、ゴチャール、ヤナークの3人の作品をキュビズム建築を撮り続けてきた写真家・鈴木豊氏。
この展覧会では、鈴木氏がチェコの街並に溶け込んだ、光と影が揺れ動く豊かな建物の表情を細かな部分まで紹介してくださいました。

今回の会場、『INAX:GINZA(イナックス・ギンザ』は2008年11月にディスプレイ産業大賞とディスプレイ奨励賞をダブル受賞しています。
建物の隣には、建築・インテリア・デザイン分野を中心に集めている書店『INAX BOOK GALLERY』があります。興味深い書籍が揃っていて、時間が経つのを忘れてしまう空間です。

c0121933_21235675.jpg
by madargallery | 2009-05-30 21:24 | ART

天声新語

「天声新語」とは、朝日新聞にあるコラム「天声人語」と同じ形式、同じ文字数で、会員の皆様がその時々のテーマに応じて書くという企画です。

ちょっと前の話ですが、『日記』をテーマに募集した最優秀作品で、宮城県在住の30歳の女性の作品が掲載されていました。

『引き寄せの法則』について書かれていました。
『引き寄せの法則』とは「今の自分の容姿や生活環境は、良くも悪くもすべて自分自身が望んだ結果」という考え方で19世紀の後半に広まったそうです。
この女性は、離婚をされ10ヶ月のお嬢さんを抱え悩んでいた時に、『引き寄せの法則』について書かれたの本に出会ったそうです。
今まで書いてきた日記は、ストレス発散の場。
「どうして私だけ・・・」長々と綴っては、また落ち込んでの悪循環。
しかし心機一転。
うれしかったことだけを日記に書くことにしたそうです。
1年を振り返ると、小さなことでもどれほど多くの幸せに囲まれているかに気づき、自然と笑顔になったとのことです。

最近は「未来日記」も時々書くそうです。
最後にこう書かれていました。

日記を人生の見方に付け、これからもますます輝いていこう。
人生を創るのは私自身なのだから・・・

この記事を読んで、とても爽やかな気持ちになりました。



先週末、ある古本屋である本に偶然出会いました。
マイケル・J・ロオジェ(著) 『引き寄せの法則』です。
by madargallery | 2009-05-27 12:14 | 日々のこと

雨の週末

久し振りに訪れたお店『Au Temps Jadis オ・タン・ジャディス
渋谷の繁華街から離れた場所にある素敵な手芸雑貨屋さん。
レンガ造りの建物からは懐かしく日本と思えないヨーロッパの香りが漂うお店。
こちらのお店は、この場所で古くからあり、時々ふと寄りたくなるのです。

フランス・イギリスから取り寄せた豊富な手芸雑貨の品揃えには驚きます。

そして、地下へ降りるとオープンテラスでクレープがいただける『Creperie クレープリー』があります。
初めて訪れたときも雨でした。
その時のゆったりとした時間が印象的でした。

c0121933_16151875.jpg
by madargallery | 2009-05-24 16:15 | 日々のこと

切腹最中

父が突然「切腹最中、食べたいな~」と言ってきました。
切腹最中と言えば、何かと話題のあの商品。
どうやらテレビで見て、とっても気になっていたようなんです。
早速、購入。

「切腹最中」は、新橋田村町(現・港区新橋4-27-2)の田村家上屋敷跡に店を構える和菓子店『新正堂』さんの名物和菓子。
本当に切腹したかのように、最中が真っ二つに割れ、あんが「これでもか!」というくらいはみだしているのです(笑)

お店のサイトには、こんな言葉が書いてあります。

何かの不始末の時持っていくものに悩みませんか?
お茶・菓子折り等ございますが
そんな時には「切腹最中」
ちょっと怖いですが「詰め腹を切ってきたつもりでございます」
こんな使い道もあるのでは・・・・

最中の中身は、たっぷりあんと、求肥(ギュウヒ)。
甘さをおさえてあり美味しかったです。

その他に、ちょっと季節は違いますが・・・
「仮名手本忠臣蔵 味こよみ」もお願いしました。
数々の苦労の末、見事仇討ちをなした四十七士。
忠臣蔵のお話をイメージし、十二段に分かれたお菓子が本当に美しい!
父も大喜びです。

しかし、父は、一体何を反省したかったのかが疑問であります。。。
by madargallery | 2009-05-18 12:25 | 日々のこと

記憶を深く記録すること

ブログを始めてあっという間に2年が経ちました。
始めるまでは、正直な気持ち「ブログ」に対して抵抗がありました。

タイトルにあるように、内容は「しおざきまさこの日々のこと」
皆さんのブログを読むことも好きですが、自分で書く時には「共感」してもらえる部分が少しでもあったらいいなと思っています。
ささいなことでも、何か感じてもらえたら嬉しいです。
イラストを描く、文を書く、同じ表現方法でも「言葉」で表現することの難しさを改めて感じています。
でも、ブログを読んでくれて、連絡をくれた友達や知人の存在があることに気がついた時・・・励まされたのも事実です。

記憶を記録すること・・・
人々が文字をもたなかった頃、情報伝達の手段は言葉だけでした。
でも言葉も伝言ゲームのように口伝えされていく間に内容が違って伝わることもたくさんありました。
そこで太古の昔、人々は「結状(けつじょう)」という手段を考えました。
縄に結び目をつけ、その数、形、色で記号化し、記憶をとどめるということです。
この「結状(けつじょう)」という手段は世界中で発達したそうです。

今の私達にはいろいろな記憶の方法があります。
毎日、いろいろな世界が溢れています。
買い物に行かなくても、旅行に行かなくても、過去の思い出でもいい、これからの未来のことでもいい。
記録していきたいことはたくさんあると思います。

これからも、末永くお付き合いいただけると幸いです。
by madargallery | 2009-05-13 12:19 | 日々のこと

現代舞踊家の宮 操子さん死去

宮 操子さん(みや・みさこ=現代舞踊家、本名:宮ミサオ)が7日、肺炎で死去されました。102歳でした。

昭和初期、舞踏家で夫の故・江口隆哉とともにドイツで「ノイエタンツ(モダンダンス)」を学び、帰国後、江口・宮舞踊研究所を設立。
日本の舞踊界に新風を吹き込み多くの後進を育てられ、日本の歴史に大きく貢献された女性でもあります。

私の尊敬する、師でもある伯母は、江口隆哉先生・宮 操子先生に師事して舞踊一途に今日に至り、そして同じように後進を育ててきました。
私も現代舞踊を通してたくさんのことを教わりました。
これからも、現代舞踊に何らかの形で携わっていきたいと思っています。


ご冥福をお祈りいたします。
by madargallery | 2009-05-12 12:23 | ART

懐かしいモノ

ふと、食べたいなと思うモノ、ありますよね。
特に懐かしいモノ。

例えば、「ソフト麺」
給食のメニューで、みんなが好きだった一品だと思います^^懐かしい!

シャカシャカビニール袋の麺。。。覚えていますか?
あの独特な匂い、あのベタベタ感(笑)
こんなサイトを発見しました。

ソフト麺.JP

なんと、購入が出来ます。
懐かしいだけでなく、新しいソフト麺レシピが発見できるかも!


そして、ハニーシトロン。
ご存知でしょうか?
半分に切ったレモンみたいな形のスポンジケーキで、周りにシュガーコーティングされて・・・
ナボナとか、ひよことか、そういう感じのどこかで食べたことあると思う懐かしいお菓子。
我が家では、レモンケーキと言っていたような。。。
それと、袋は黄色くて紙のような感じだったと思うのです。

今回購入したのは、横濱フランセさんの「横濱ハニーシトロン」。
パッケージもお味もかなり今風になっていましたが、懐かしい感じがしました。
一体、元祖はどこなのか・・・


そして今話題の、横浜。
今年は、横浜開港150周年!
ありあけのハーバー~♪で有名なありあけさん。

なんと、開港150周年を記念して、横浜と船にゆかりのある有名画家「柳原良平氏」のオリジナルデザイン!

その他にも特別記念コラボレーション『横濱ギフト』を発売。
これ、パッケージがかわいいんですよ~。レトロな感じがいい!
横濱ハーバーや霧笛楼横濱煉瓦などが詰め合わせになっていて楽しくなってしまいます。
by madargallery | 2009-05-09 14:59 | 日々のこと

おとなこどもの日

最近の私の中のヒット商品にランキングされたモノ。
こちらです。

c0121933_1192171.jpg

★ぷにぷに無限∞あんこ☆ドラえもんのどら焼き携帯ストラップ★

渋谷ロフトで見つけました。
説明するまでもないですが、この「ぷにぷにのあんこ」が、とにかく気持ちがよい。。。

c0121933_1203141.jpg

この商品の注意事項が面白いのであえて書きます(笑)

※あんこはぷにぷにしていますが、どら焼きはぷにぷにしていません。
※あんこのぷにぷには気持ち良いですが、中身をひっぱって伸ばすと中に入りきらなくなる場合があります。
※表柄の種類は選べません。(裏の柄は共通です。)
※あんこを出す時にぷちぷちと音が出ることがありますが、製品に問題はありません。
※食べ物ではありません。(三歳以下のお子さまにはお与えにならないで下さい。)
※対象年齢7才以上

対象年齢はかなりクリアしていますが、店頭で15分以上も「ぷにぷに」やっている自分に疑問を感じた日。

5月5日。私にとっては「おとなこどもの日」^^
by madargallery | 2009-05-05 01:20 | 日々のこと

Tokyo’s Tokyo

羽田空港第2旅客ターミナルマーケットプレイス3階に雑貨と本のお店「Tokyo’s Tokyo(トーキョーズ トーキョー)」がオープンしました。

「Tokyo’s Tokyo」は、「東京発の旅」をキーワードに、今注目のクリエイターがプロデュースする雑貨と本のお店です。
東京を編集するという視点によって選ばれた旅の道具、東京のお土産、本たちが厳選されて並んでいるそうです。
旅人の好奇心を掻き立てるエディトリアルショップの誕生です。

先日、成田空港に用事があり行ってきたのですが、空港っていい意味で不思議な空気が流れていますよね。旅立つ期待感。到着の興奮。
「Tokyo's Tokyo」のグッズセレクションを担当した、山田遊氏(method)はこう語ります。
『「お土産」と「旅道具」のミックスは、空港にいるだけで気分が高揚する「エアポートハイ」を、より演出するだろうと思いました。こうしたポジティブな感情がそのまま表現されたのが、「Tokyo's Tokyo」です。』

・・・エアポートハイ か。

しっくりくる言葉です。

連休で空港をご利用される方は是非!
東京がもっと面白くなるはずです。
by madargallery | 2009-05-02 14:10 | ART


しおざき まさこ の日々のこと

by madargallery
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Profile


ART空間散歩人
しおざき まさこ


・・・・・・・


「ART空間散歩人」として、美術館や劇場をはじめ、素敵なART空間を散策し、自分なりの言葉で綴っています。
アート、映画、音楽が大好きです。

人と人とのつながりを大切に、緑溢れる公園・カフェ・美術館など様々な空間で、既存の枠にとらわれることなく自由な発想で芸術を楽しむ⋯
これからもそのような、空間をつくるお手伝いをしていきたいと思っています。そして、皆さんと楽しい時間を共有できたら嬉しいです。

また、刺繍作家・イラストレーターとして、日々創作活動を続けています。

どうぞよろしくお願いいたします。


twitter

masako shiozaki's illustration website MADAR GALLERY

facebook

路地裏の小さな雑貨屋さんMADAR GALLERY


◇お世話になっています

現代アートスクール
アートト・
オーディエンス コース
2016.2017


活版印刷
Bird Design
Letterpressさん


アンティーク・
チェコ雑貨のお店
bábovkaさん

ステキに頑張る
女性たちへ
うららケア

刺繍工房
UN
EMBROIDERY
STUDIO


◇その他

ブログタイトルのこと
MADAR GALLERY

ご意見などは、
*MADAR GALLERY*
Contact
またはこちらからお気軽にどうぞ⋯☆


・・・・・・・

カテゴリ
最新の記事
逗子へ・・・ CINEMA ..
at 2017-09-17 22:55
映画『静かなる情熱 エミリ・..
at 2017-09-08 14:41
夏のなごりのかき氷
at 2017-09-02 19:55
命短し恋せよ乙女
at 2017-09-02 19:45
葉月ホールハウス
at 2017-08-30 16:52
光が丘美術館へ
at 2017-08-19 00:42
TRUNK(HOTEL)
at 2017-08-19 00:38
かもめブックス
at 2017-08-19 00:31
吉野町煉瓦倉庫(旧吉井酒造煉..
at 2017-08-18 19:25
静かに狂う眼差し―現代美術覚書
at 2017-08-01 00:06
Nina Simone
at 2017-07-23 23:59
『Remembering M..
at 2017-07-23 23:33
LYURO
at 2017-07-09 21:54
レニングラード・ ホテル
at 2017-07-05 10:16
月光荘サロン 月のはなれ
at 2017-06-18 22:02
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
検索
お気に入りブログ
ブログジャンル