MADAR GALLERY



<   2009年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


小さなしあわせ


c0121933_17122838.jpg

輸入菓子って、見ているだけで楽しくなってしまいます。。。
by madargallery | 2009-02-28 17:12 | 日々のこと

7人で綴る、絵とお話

新しい試みです。
ミレージャの仲間たちと、「お話」と「絵」をリレーしています。
昨年のグループ展後、ある時はお酒の席で、ある時はサイト内で・・・といろいろな形で時間をかけて話し合ってきました。

まったく画風の違う私たちが、どうやって?
「どうなるの?」
「何とかなるさ」
いろいろな課題をクリアして今に至っています。

結果として、言えること。
「とにかくやるべし!」^^

お互いのスケジュールを把握しながら、無理なく、楽しんで描くこと。

7人で綴る、絵とお話・・・『レミ姫ものがたり(仮)』
※お話は「Story」から見る事が出来ます。
by madargallery | 2009-02-21 17:07 | ART

東洋宮武が覗いた時代

過去に舞台に関わっていた時期がありました。
舞台に立つこともあれば、スタッフとして舞台を支えたこともあります。
みんなで一つのことを「創る」作業が好きです。
そしてそこで得たことが、「意味のあること」ということを実感しています。

すずきじゅんいち監督による日米合作の長編ドキュメンタリー映画『東洋宮武が覗いた時代』(英題“Toyo’s Camera”)の完成披露試写会が、ロサンゼルスの国際交流基金にて行われたことを知りました。
真珠湾奇襲以降、日系人は危険ということで一定の場所に追い立てられ隔離されていました。

国家・民族とは何か・・・
第2次世界大戦下のアメリカ。写真家・東洋宮武(とうよう みやたけ)は、収容所に隠し持ったレンズを通して日系人たちの日常生活を記録し続けました。
この映画は、彼が撮影した貴重な写真と当時を知る人々へのインタビューを通して、アメリカにも日本にも属することができなかった日系人たちの歴史を描いてます。
また背景を彩る音楽を担当したのは、グラミー受賞アーティストの喜多郎。

最初にお話した舞台のこと。
私たちは、井上ひさし・作『マンザナ、わが町』という作品を上演しました。
真珠湾奇襲直後の米国、舞台はアメリカ西海岸の日系人マンザナ収容所。
戦争、日系人、強制収容所・・・この内容にとまどう私たち。
とにかく少しでも理解しようと、必死で資料という資料を読んだことを覚えています。


「二度と起こってはならないこの事実をカメラで記録するのが、カメラマンとしてのつとめだ。」

c0121933_1223324.jpg

公式サイト『東洋宮武が覗いた時代
米国では3月6日(金)にロサンゼルスで公開。
日本では4月に東京都写真美術館ジャック&ベディで公開予定。
by madargallery | 2009-02-15 12:03 | 映画のはなし

東のハリウッド

「東欧で製作されるハリウッド映画が増えている」
先日、新聞にこのような記事が掲載されていました。

その理由として挙げられるのは、コストの問題です。
なんと、米国や西欧より安く、撮影費は米国の6分の1だそうです。
例えば、ブルガリアの首都ソフィア郊外にあるニュー・ボヤナ・スタジオ。
(62年設立の国営ボヤナ・スタジオ民営化で米ハリウッドのニュー・イメージ社が05年に買収し、改名)
コンピューターを駆使する特殊効果やデジタル編集の部門は最新設備がそろい、技術者も250人規模で欧州では最大級だそうです。
スタジオにはニューヨークの街並みを再現した野外セットもあります。
そのうちパリやロンドンの街並みも再現される日も来るのではないでしょうか。

隣国のルーマニアもコストが売り物だそうです。
ニコール・キッドマン主演の『コールドマウンテン』はカナダで撮影予定でしたが、コストを理由にルーマニアに変更されたそうです。
その時は、全く知らずに映画の世界に浸っていました^^
こういう背景も知りながら作品を観ると面白いかもしれません。

製作費の一部が返ってくる税優遇措置も導入され、各国で誘致合戦を繰り広げているそうです。
今後の映画製作はどのようになっていくのでしょうか。
by madargallery | 2009-02-08 13:27 | 映画のはなし

おすすめのイベント

南青山のスパイラルの2F、スパイラルマーケットで開催中のnorio はんこ展。
これはおすすめです。かわいい!

norioさんは大学で日本画を学ばれたそうです。
雑貨屋やカフェなど、その場でオーダーを受け、はんこを制作するというスタイルで全国をまわる旅するはんこ屋さんなのです。
和のテイストの中に素朴でどこか懐かしい感じがいいです。
ひとつひとつ手作業で仕上げた「はんこ」
宝物ですね。。。

2月14日まで開催中です。
詳しくはこちら


ジョン・シェリー個展 [Kingdoms Curious]

「私の王国にぜひ行らしてください。パスポートはいりません。」
この言葉が印象的です。

ピンポイントギャラリーで開催中のジョン・シェリー氏の個展に行ってきました。
タイトルにある「Kingdom's Curious」とは、頭の中のイマジネーションの王国の不思議さの意味・・・だそうです。
ジョン・シェリー氏の頭の中に存在する「架空旅行」がしっかり描かれています。
イギリス、バーミンガム生まれのジョン・シェリー氏。
1987年1月に来日し、1年程の旅行の予定が日本に惚れ込んでそのまま腰を落ち着ける形になったそうです^^
パルコ、三菱などの広告で注目を浴び、テレビコマーシャルからキャラクターグッズまで多数制作。どこかで必ず目にしていると思います。
描かれている人物たちはのびのびとしていて、こちらまで楽しくなってきます。
今回の展示の中に、日本をイメージした作品もありました。
とても新鮮な感じがしました。
作品のように平和な「ニッポン」を願って・・・

2月7日まで開催中です。
by madargallery | 2009-02-06 12:52 | ART

Alice’s Adventure in Wonderland

写真の絵本は『Alice’s Adventure in Wonderland』(不思議の国のアリス)です。

c0121933_12213044.jpg

こちらの絵本はロバート・サブダ氏の最高傑作。
ルイス・キャロルの原作に忠実なテキストを用い、触って楽しむ仕掛けなどの特殊効果を駆使した作品です。

プレゼントでいただいた絵本なんですが、大切にしています。
『不思議の国のアリス』は子供の頃から大好きだし、この絵本、この迫力。
何度開いても楽しいですね。

最近では「絵本カフェ」が増えてきたとか。
子供に読み聞かせるための絵本を探しに来たお母さんが、子供の頃読んだ本を見つけて何度も足を運ぶようになるそうです。
ゆっくりお茶をいただきながら、懐かしい絵本の世界を楽しむ・・・いいですね。

行ってみたいと思っている東京・銀座「マ・プレフェレ
アリスのような仕掛け絵本がなんと1,000冊以上あるとか!
ケーキなどの食事メニューもあり、注文したメニューによって滞在時間と料金体系が決まる仕組みです。
他にもたくさんの絵本カフェがあるそうです。
もし素敵な所があったら教えてください~

絵本の癒しの中で、ゆっくりと時間を過ごされてはいかがでしょうか?
by madargallery | 2009-02-01 12:21 | ART


しおざきまさこの日々のこと

by madargallery
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
Profile
MADAR GALLERY
しおざきまさこ

ART空間散歩人
刺繍作家
イラストレーター
小さな雑貨屋さん

「ART空間散歩人」として、美術館や劇場をはじめ、素敵なART空間を散策し、自分なりの言葉で綴っています。
アート、映画、音楽が大好きです。
また、刺繍作家・イラストレーターとして、日々創作活動を続けています。
よろしくお願いします。

ご意見などは、メインサイト*MADAR GALLERY*
Contact
またはこちらからお気軽にどうぞ・・・♪

masako shiozaki's illustration website MADAR GALLERY

twitter

facebook

路地裏の小さな雑貨屋さんMADAR GALLERY





◎お世話になっている
お店


アンティーク・チェコ雑貨のお店
bábovkaさん



◎その他の活動

ステキに頑張る
女性たちへ
うららケア

刺繍工房
UN
EMBROIDERY
STUDIO
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
検索
ブログジャンル