MADAR GALLERY



<   2008年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧


秒速5センチメートル

ある1本のDVDを薦められました。
「ものすごく、いいから!」

それは、昨年渋谷シネマライズで上映されていた『秒速5センチメートル
ひとりの少年を軸にして描かれる、独立した3本の作品からなる連作短編アニメーションです。

アニメーションでここまでリアルに美しく表現出来るとは!本当に驚きました。
過去に、わたせ せいぞうさんの『ハートカクテル』を観た時も、今までにないアニメーションで感動しましたが、この作品も私の中でまた新たな感動を生みました。
いまここにある日常や見慣れた風景を丁寧に描き、日々誰もが感じている感覚を表現しているのです。
山崎まさよしさんのせつなくて美しいメロディーの「One more time, One more chance」
またこの映画を盛り上げているんですよ。
観終わった後、何とも言えない懐かしい気持ちになりました。
映像がリアルな写真のように、場面ごとに記憶に残りました。


最後に、秒速5センチメートルって?聞きなれない言葉。
これは「桜の花びらが舞い落ちる速度」を表すのだそうです。
あちらこちらで桜が満開の今。
ハラハラと舞い落ちる桜を眺めながら、この言葉が浮かびます。
by madargallery | 2008-03-29 03:00 | 映画のはなし

春がやってきた

仕事場近くに桜が咲きました。ようやく春がやってきた感じです。
花粉と闘う毎日で、ほんの少し嬉しい光景です。。。
春と言えば、「卒業」
街中でも、袴姿の学生さんを見かけると「春、卒業か・・・」としみじみしてしまいます。

スパイラルでも毎年恒例の卒業制作が開催中です。
テーマは、「卒業から生まれる未来を見つけにいく」
現在の展示は、創形美術学校卒業制作展。

毎年楽しみにしているのですが、今年も生徒さんの力作がそろっています。
作品を制作するにあたり、きっと悩んだり迷ったりしたと思います。
けれど最終的には、思いのたけをぶつけてくれている様子が作品から感じられるのです。
さまざな作品を前に、私自身ハッとすることがあったり、反省したりと得るものが大きいです。本当に大きな刺激になっています。

このイベントも明日で終了となります。
いよいよ本当に卒業ですね。
皆さんご卒業おめでとうございます!
by madargallery | 2008-03-25 23:51 | ART

優しい風

ピンポイントギャラリーにて開催中の、植田真個展「The Village Green Preservation Society」に行ってきました。
植田真さんは、イラストレーターとしてご活躍のほか、絵本も描いていらっしゃいます。江國香織さんの小説『号泣する準備はできていた』等の装丁のイラストでも知られています。
透明感あふれ優しい気持ちになれる画風。
会場には、たくさんの方がみえていました。さすがですね。

植田さんの作品から、「空間」という言葉が浮かびます。
この「空間」から、いろいろなことが想像されるのです。
ずっとずっと奥に、何か別世界があるような・・・そして本当に優しい風を感じるのです。

短い時間での鑑賞になってしまったのですが、作品と向き合って贅沢な時間を過ごせた気がします。
by madargallery | 2008-03-22 21:47 | ART

桃まつり Presents 真夜中の宴

3月・・・楽しみにしているイベントがあります。
それは、3/29(土)~4/11(金)連日21:10より渋谷ユーロスペースにて開催される
=女性監督たちの短編映画祭 桃まつり Presents 真夜中の宴=
脚本も手がけた9人の女性監督による12の短編作品を集めた映画祭です。

それにしても、女性監督の活躍が絶好調だと思いませんか?
同じ女として嬉しいし、そして凄いことだと思うのです。

『殯の森』の河瀬直美監督、『ゆれる』の西川美和監督、『人のセックスを笑うな』の井口奈己監督(『犬猫』も面白かった・・・)
どの作品も、非常に味のある作品だと思いました。女性ならではの目線というか、心理描写が丁寧なんでしょうか・・・それでいて作品の中にはある意味、男っぽさも感じる部分もあるのですが・・・

今回の『桃まつり Presents 真夜中の宴』の興味深い点として、この9人の女性の姿があります。
映画制作以外の顔も持つ9人の女性達・・・映画プロデューサー、制作、脚本家、役者の他に、病院勤務、派遣社員、主婦といった映画の世界と別の顔を持つ方もいるというのです。
だからこそ、それぞれの目線での描き方に期待してしまいます。

いい作品と出会えるチャンス。新しいモノを発見したり、出会えたりの季節、春。
「真夜中の宴」・・・桜と共に楽しみです。
by madargallery | 2008-03-19 13:29 | 映画のはなし

おまけのはなし

小さい頃から、「おまけ」が大好きでした。
今もその気持ちは変わらず、やはり「おまけ」が好きです。
知人に手紙など送る時、クスッと笑った顔を思いながら、時々「おまけ」を入れてしまいます。

お気に入りの雑貨屋さんで、かわいいものを発見しました。
「幸せを呼ぶ鳥 Audrey-オードリー-」
キレイなブルーのたまご型をしたキャンドルです。
白い小鳥が一羽描かれています。
そこには、こう記されていました。

緑の森の奥の奥、幸せを呼ぶ小鳥「Audrey(オードリー)」は住んでいます。
“トントントン”窓ガラスをたたく音がしたら、それはオードリーのサイン。
幸せを呼ぶ小鳥、オードリーの姿を見つけたら、幸せな物語の始まりです。

きっと手紙と一緒に幸せも運んでくれることでしょう。
by madargallery | 2008-03-17 15:48 | 日々のこと

フランス映画祭2008

フランス映画ファンが心より楽しみにしている「フランス映画祭2008」が本日より開催します。
会場は、3月13日(木)~16日(日)が東京 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ。
3月16日(日)~18日(火)は、大阪 TOHOシネマズ なんば となります。

昨年の団長カトリーヌ・ドヌーヴさんに続き、今年はソフィー・マルソーさん。
そして緊急告知として、明日14日フレンチ・シネマカフェ(ヒルズカフェ)にてサイン会を開催されるようです!映画祭の鑑賞券、半券を持って急ぎましょう!

今年も面白そうな作品が目白押しです。
フランス映画祭団長でもあるソフィー・マルソーさんが自ら出演もする監督作品の『ドーヴィルに消えた女(LA DISPARUE DE DEAUVILLE)』をはじめ、数々の作品を上映。

恒例のオープニングイベント、レッドカーペット。
本日夕方、豪華な顔ぶれが並び、六本木も一段と華やかになりそうです。
by madargallery | 2008-03-13 14:22 | 映画のはなし

気になる2作品

気になる2作品をご紹介します。
1つは昨日より公開の『接吻
万田邦敏監督、 出演:小池栄子さん、豊川悦司さん、仲村トオルさん。
冴えない毎日を送るOLの京子が、テレビのニュースで知った凶悪殺人犯に興味を抱きのめり込んでいくというストーリー。
ラストは想像を超える展開と話題になっていますね。

昨年、万田邦敏監督を迎えての『接吻』についてのQ&Aでの質疑応答で、観客からフランソワ・トリュフォー監督の『アデルの恋の物語』のイザベル・アジャー二を思い出したという方がいらっしゃいました。
愛にかけた女の情念というのでしょうか・・・究極の愛の形です。

そして、もう1作品、クロード・ガニオン監督『窯焚 -KAMATAKI-』
父の死によって生きる意欲を失っていた日系カナダ人の青年と、信楽に住む世界的な陶芸家の叔父との関わりを描いた作品。
出演は、藤竜也さん、吉行和子さん、マット・スマイリーさん。

そして、個人的には両作品とも「文字」としても、じっくり読んでみたいのです。
自分の中で、どのように消化できるのか、それが気になるのです。
by madargallery | 2008-03-09 02:51 | 映画のはなし

アート日和

外苑前駅近くのギャラリー、DAZZLEへ行ってきました。
テーマが気になっていました。ずばり、「THE MOVIES 21 -Comedy-」展。
和田誠さん+21人のアーティストが描くお薦めのコメディ映画のイラストレーション展です。
アーティストの個性がよく表現されていて、「なるほどな・・・」と感心しました。
小津安二郎監督の「お早よう」を近藤みわ子さんは、面白い視点で描いていますし、
他の作品も、その映画のワンシーンを思い起こさせるものが多かったです。
残念ながら、昨日が最終日でした。
第3弾はどんな映画が飛び出すのでしょうか?

そして、OPA gallery・shopにて開催中の、阿部千香子さん個展「ONE MAN SHOW」へ。
こちらも楽しみにしていました。
ユニークな視点で物事を分析し、それらを優しいタッチで描いていました。
色の使い方もシンプルながら、インパクトがありました。
阿部千香子さんは幅広いジャンルを描くことが出来るイラストレーターです。
次回の個展も楽しみにしています。
3月5日まで開催中です。
by madargallery | 2008-03-03 01:36 | ART

K-Ci&JoJo

K-Ci&JoJoのLIVE最終日。
Billboard Live TOKYOに行ってきました。
K-CiとJoJoのヘイリー兄弟といえば、R&B界最高峰のデュオ。そしと2人のヴォーカルの迫力にはただただ圧倒されます。
2人のユーモア溢れるパフォーマンスは会場をより熱くしてくれました!
私の大好きな映画の中に『SAVE THE LAST DANCE』(2001)があります。
彼等がこのサントラにも参加していることもあり、特別な想いもあるのです。。。
いつかまた、この場所でのLIVEを楽しみにしています。
by madargallery | 2008-03-02 01:39 | 日々のこと


しおざきまさこの日々のこと

by madargallery
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Profile
MADAR GALLERY
しおざきまさこ

ART空間散歩人
刺繍作家
イラストレーター
小さな雑貨屋さん

「ART空間散歩人」として、美術館や劇場をはじめ、素敵なART空間を散策し、自分なりの言葉で綴っています。
アート、映画、音楽が大好きです。
また、刺繍作家・イラストレーターとして、日々創作活動を続けています。
よろしくお願いします。

ご意見などは、メインサイト*MADAR GALLERY*
Contact
またはこちらからお気軽にどうぞ・・・♪

masako shiozaki's illustration website MADAR GALLERY

twitter

facebook

路地裏の小さな雑貨屋さんMADAR GALLERY





◎お世話になっている
お店


アンティーク・チェコ雑貨のお店
bábovkaさん



◎その他の活動

ステキに頑張る
女性たちへ
うららケア

刺繍工房
UN
EMBROIDERY
STUDIO
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
検索
ブログジャンル