MADAR GALLERY



<   2007年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧


アンナ・カリーナ

青山にあるアニエスベー
ショーウインドーには、大きなアンナ・カリーナが描かれています。

「アンナ・カリーナ週間」と題して、秋冬コレクション・ミニフロアショーや渋谷のシネマ・アンジェリカにて、アンナ・カリーナ出演映画特別上映など開催されます。

アンナ・カリーナ・・・まさしく「自由な女性」の代名詞で、魅力的な女性です。
『女は女である』は何度観ても楽しめる映画のひとつ。
なんと言っても、アンナ・カリーナが本当にかわいいのです。
彼女のファッションやインテリアがとてもおしゃれで、古さを感じさせないのもこの作品の魅力のひとつだと思います。

帰り道、ショーウインドーの前を通るのがここ数日の楽しみ。
ほんの束の間、映画の世界に浸れます。
by madargallery | 2007-09-27 23:14 | 映画のはなし

中秋の名月と食欲の秋

中秋の名月・・・昨晩のお月さまはキレイでした。秋を感じさせる夜空でしたね。
月見団子ではありませんが、仕事場近くにOPENした「HIGASHIYA man」へ“おまんじゅう”を買いに行きました。
目黒、西麻布にある和菓子のお店「HIGASHIYA」。
青山に誕生した「HIGASHIYA man」は蒸したての“おまんじゅう”を提供してくれるお店。
朝生菓子や、さまざまな手土産菓子を取り扱っているとのこと。

目黒にある「HIGASHIYA」を訪れた時、和菓子に対する考え方が変わりました。
落ち着いた雰囲気の店内にはモダンな和菓子等が並べられ、目を楽しませてくれたのです。
もちろん、お味の方もどれも上品で美味しかったです。外国のお客様も喜んでいた記憶があります。

何よりも私がこのお店で気に入っているのはモダンなパッケージの数々。
プレゼントやお持たせとしても本当に喜ばれると思います。

蒸したての“おまんじゅう”をいただき食欲の秋を満喫をしました。
by madargallery | 2007-09-27 00:46 | 日々のこと

蔵の街かど映画祭

蔵の街かど映画祭
秋、いいですね・・・こういうイベント。
栃木県栃木市は蔵の街として知られています。
その蔵の数々をミニシアターに変貌させた映画祭が開催されます。
期間は、2007年10月5日(金)~10月8日(月)まで。

上映作品はいろいろ。
日本中話題になった「フラガール」や、「かもめ食堂」「砂の器」「路傍の石」・・・。
例え観たことのある作品でも、蔵のミニシアターで観たら感じ方が違いますよね。
いろいろな場所で、映画を通して地域活性化するイベントを耳にすることがあります。
その都度、魅力的な内容に刺激を受け行ってみたいと思うのです。
映画を通して、みんなが一体化する感じがいいと思います。

美味しいものを食べて、いい作品を観る・・・。
秋の休日、こんな過ごし方はいかがでしょうか?
by madargallery | 2007-09-21 16:59 | 映画のはなし

『福原信三と美術と資生堂展』

最近、電車に乗ると捜してしまう広告があります。
世田谷美術館で開催中の『福原信三と美術と資生堂展』の広告です。
黒を基調とし、ポイントで使われているレトロな赤、写真がまたいい・・・。
今回のテーマがよく伝わってきます。そして足を運び、もっと観てみたい思わせてくれるのです。
by madargallery | 2007-09-20 12:43 | 日々のこと

forty six portraits of beautiful women

その場所を目の前にして、思わず「おーっ」と叫んでしまいました。

スパイラルで開催中の、「女性モデル46人のポートレートで綴る写真展 forty six portraits of beatutiful woman」へ行ってきました。

宮本直孝氏が撮り下ろした、女性モデル46人のポートレート。
普段の仕事では見せないモデルたちの自然な表情やを見て、「美しさ」「強さ」を感じることができました。

印象的なのは、宮本氏の言葉。
「自然体でいること、感情を偽らないこと、普段よく目にするうわべだけの表情はひとの心に響かない、無理して型にはめる必要も他人を装う必要もない、君は君でいればいい。」
by madargallery | 2007-09-16 14:27 | ART

不協和音

この言葉を、「心に残る言葉」として教えてくれた女性がいます。
仕事場近くに、都内で唯一の竹製品専門店があります。
こちらの女性のオーナーさんでした。

竹製品の他に日本情緒あふれる小物も多数取り扱われているのですが、店内にはシャンソンが響き渡っていて、不思議と落ち着く空気を感じるのです。

品のある器や、骨董のレンゲ・・・
その時の私は、それらに盛り付ける食材は日本食しか浮かびませんでした。
海外生活の経験のあるオーナーさんは、和食器を使ったフランス料理の盛り付け方を丁寧に語ってくれたのです。
「そうか・・・」

「不協和音という言葉がありますが、日本はこれを上手く融合させることが上手な国なんですよ。○○をしなくてはいけない、○○でなければいけない、なんてないですから・・・」
ニコニコッとしながら語ってくれました。

それからも、行き詰ることがあるとこの言葉を思い出すのです。
もっと柔軟に、もっと楽しく考えればいいのだと・・・。
by madargallery | 2007-09-13 20:55 | 日々のこと

efuto

BOOK246に行ってきました。
南青山にあるこのお店。「旅」をテーマとしたブックストアなだけに、わくわくするほど、たくさんの魅力的な書籍があります。
9月頭まで、『efuto』(FOIL刊)の発売に合わせて、ギャラリー展示を開催していました。
残念ながら、既に終了してしまったイベントだったのですが、お店の方が数種類の『efuto』を見せて下さったのです。
その中でも、チャップリンのイラストとポップな色が可愛らしい『efuto』が気に入りました。

e=picture futo=envelope 

『efuto』って・・・
『ぞうのエルマー』で世界的に知られるイギリスの絵本作家デビッド・マッキーと、その仲間たちが封筒に絵を描くという創造的な楽しみを思いつきました。
その遊びは画家同士の間にとどまらず、デビッドは、自身の絵本を出版するアンデルセン・プレスの社長のクラウス・フルーガーにも、定期的にこの絵のある封筒を送っていたのです。
やがてクラウスは届いた封筒を額に入れて社の壁に飾るようになりました。彼の手元には500を優に超える数の封筒コレクションが集まっているとのことです。

メールでのやりとりが日常的になった今、帰宅後ポストにこんな素敵な封筒が入っていたらどうでしょう!
手紙を綴る時間を持つ大切さ、受け取るときの喜び…。なんだか、手紙を書きたくなりました。

“efuto”は今日も笑顔と一緒に送られています。

c0121933_13391131.gif
by madargallery | 2007-09-08 13:36 | ART

エノデン・アート

5月の連休に、江ノ電に乗りました。
その日は葉山にあるギャラリーへ行く予定があり、あえて江ノ電に乗車することにしたのです。

あいにくの曇り空でしたが、海の見える席を選びました。
小さい頃から家族と鎌倉のお寺に行く時は、必ず江ノ電に乗った思い出があります。
街中を通り、建物の隙間から海が見え、やがて目の前に広がる海が嬉しくて仕方ありませんでした。
今も乗車した時のワクワクした気持ちはかわりません。
大好きな光景です。きっと、みなさんもいろいろな思い出がある場所ではないでしょうか。。。

そんな江ノ電で素敵なイベントが開催されています。
江ノ電が届ける10人の湘南アーティストたち ~ エンセン・テン

毎回10人の湘南アーティストが江ノ電とひとつになって、 地域文化の向上をめざす秋のアートイベントで、江ノ電の車内がギャラリーになったり、駅や沿線のお店がギャラリーになります。
江の島展望灯台でもアートイベントが開催されるとのこと。
素敵な秋のひとときになりそうですね。
また一つ、思い出が増えそうです。。。
by madargallery | 2007-09-05 16:51 | ART

ヴィスコンティ 生誕100年祭

つい立ち寄ってしまうスポットといえば、渋谷にある日本初の大型の複合文化施設
Bunkamura

コンサートホール、劇場、美術館、ミニ・シアターの各施設。
カフェやアート関連ショップなどクリエイティブな空間はいつ訪れても新鮮です。
今までもここで数多くの、よい作品と出会ってきました。

今、気になるイベントと言えば、「ヴィスコンティ 生誕100年祭」です。
「ヴィスコンティ 生誕100年祭」として、ヴィスコンティ芸術の代表作3本を4週間にわたり一挙連続上映されるとのこと。

開催期間 2007年9月22日(土)~10月19日(金)
「山猫」【イタリア語・完全復元版】
「ルートヴィヒ」【完全復元版】
「イノセント」【完全復元&無修正版】

中でも第16回カンヌ国際映画祭グランプリに輝いた一大叙事詩「山猫」。
こちらは、3時間6分の超大作ですが、油絵を見ているような圧倒的な映像美。
豪華絢爛たる衣装、壮大な音楽がより一層「山猫」の世界を盛り上げます。

大人になった今、違った視点で何かを感じるかもしれません。

c0121933_1135455.jpg
by madargallery | 2007-09-04 01:17 | 映画のはなし

ありがとうございました!

しおざきまさこ展 『PEOPLE』 in Second Life 無事終了致しました。
多くの方々にお越しいただき、心より感謝しております。
また、今回の開催にあたり協力してくれた株式会社ウンのみんなにも感謝しています。
本当にありがとうございました。

今後、カフェやギャラリー等さまざまな場所で個展を開催する予定です。
皆様にお会い出来る日を楽しみにしています。

芸術の秋も、もうすぐですね。
そんな話題もまた書いていきたいと思ってます。

これからもよろしくお願いいたします。

c0121933_2040241.jpg

by madargallery | 2007-09-02 15:19 | ART


しおざき まさこ の日々のこと

by madargallery
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Profile


ART空間散歩人
しおざき まさこ


・・・・・・・


「ART空間散歩人」として、美術館や劇場をはじめ、素敵なART空間を散策し、自分なりの言葉で綴っています。
アート、映画、音楽が大好きです。

人と人とのつながりを大切に、緑溢れる公園・カフェ・美術館など様々な空間で、既存の枠にとらわれることなく自由な発想で芸術を楽しむ・・・
これからもそのような、空間をつくるお手伝いをしていきたいと思っています。そして、皆さんと楽しい時間を共有できたら嬉しいです。

また、刺繍作家・イラストレーターとして、日々創作活動を続けています。

どうぞよろしくお願いいたします。


ごあいさつ


twitter

masako shiozaki's illustration website MADAR GALLERY

facebook

路地裏の小さな雑貨屋さんMADAR GALLERY


◇お世話になっています

現代アートスクール
アートト・
オーディエンス コース
2016.2017


活版印刷
Bird Design
Letterpressさん


アンティーク・
チェコ雑貨のお店
bábovkaさん

ステキに頑張る
女性たちへ
うららケア

刺繍工房
UN
EMBROIDERY
STUDIO


◇その他

ブログタイトルのこと
MADAR GALLERY

ご意見などは、
*MADAR GALLERY*
Contact
またはこちらからお気軽にどうぞ⋯☆


・・・・・・・
カテゴリ
最新の記事
絵と音と言葉のユニット『re..
at 2017-11-18 23:29
はかりきれない世界の単位
at 2017-11-13 13:51
Laundry&Cafe ワ..
at 2017-11-12 19:35
絵と音と、言葉のユニット r..
at 2017-11-10 23:39
Nina Simone
at 2017-10-20 15:01
原美術館
at 2017-10-08 23:06
Asian Art Awar..
at 2017-09-26 17:38
逗子へ・・・ CINEMA ..
at 2017-09-17 22:55
映画『静かなる情熱 エミリ・..
at 2017-09-08 14:41
夏のなごりのかき氷
at 2017-09-02 19:55
命短し恋せよ乙女
at 2017-09-02 19:45
葉月ホールハウス
at 2017-08-30 16:52
光が丘美術館へ
at 2017-08-19 00:42
TRUNK(HOTEL)
at 2017-08-19 00:38
かもめブックス
at 2017-08-19 00:31
吉野町煉瓦倉庫(旧吉井酒造煉..
at 2017-08-18 19:25
静かに狂う眼差し―現代美術覚書
at 2017-08-01 00:06
『Remembering M..
at 2017-07-23 23:33
LYURO
at 2017-07-09 21:54
レニングラード・ ホテル
at 2017-07-05 10:16
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
検索
お気に入りブログ
ブログジャンル