MADAR GALLERY



カテゴリ:ART( 565 )


夏のSpiralへ



南青山にあるスパイラルへ。

c0121933_230214.jpg

空や海を感じさせる青、砂浜や雲を連想させる白。
「blue &white vessels」
秋谷さん、
ご案内をお送りいただき、ありがとうございました。


c0121933_230342.jpg

c0121933_2305326.jpg

c0121933_2311794.jpg

c0121933_2313860.jpg

c0121933_231548.jpg

c0121933_2321486.jpg



そして「混沌から躍り出る星たち 2016」
2015年度京都造形芸術大学卒業展から選抜された、空間演出デザイン学科とプロダクトデザイン学科の卒業生17組による作品を展示。
毎年楽しみにしている展覧会です。












c0121933_18121045.jpg













by madargallery | 2016-08-07 23:02 | ART

東京ガーデンテラス紀尾井町



c0121933_1822017.jpg

c0121933_1823729.jpg

c0121933_182537.jpg

c0121933_183828.jpg



江戸時代、当地に屋敷を構えた、紀伊徳川家、尾張徳川家、彦根井伊家に由来する由緒正しい歴史と、国際都市東京の中心という顔を持つ「東京・紀尾井町」

東京ガーデンテラス紀尾井町
開放的な空間と自然豊かな庭園が印象的です。












c0121933_18121045.jpg













by madargallery | 2016-08-01 18:03 | ART

色鮮やかな夢の世界



c0121933_17543279.jpg

c0121933_17554153.jpg

c0121933_17555914.jpg



色鮮やかな舞台。華やかな衣装。
バラード、ロカビリー、カリプソ、シャンソン、カントリーと、多彩で耳に残る音楽。
ここはもう夢の世界。

印象的だったヨセフのコート。
コートの色柄はマルク・シャガールが創ったステンドグラス『シャガールの窓』、
通称“エルサレム・ウィンドウ”をイメージしてデザインされたそうです。


「僕にとって“コート”とは、僕らに視野を与え、可能性を広げてくれる天からの授かり物」
アンディ・ブランケンビューラー(演出・振付)



・・・

ヨセフと不思議なテクニカラー・ドリームコート
http://theatre-orb.com/lineup/16_joseph/top.html

・・・













c0121933_18121045.jpg













by madargallery | 2016-08-01 17:56 | ART



c0121933_1161455.jpg

c0121933_1162491.jpg

c0121933_1163911.jpg

c0121933_116519.jpg

c0121933_117221.jpg



女優・宮沢りえさんがブルガリを纏い、古城で優美に紡ぐ物語。
先日ご紹介したフォトグラファー・操上和美さん。
その操上さん自らこの撮影の舞台裏を監修したスペシャルムービーが印象的でした。

幻想的なショートフィルム。
心に響く音楽。
華やかな歴史が薫る荘厳な空間。

女優として。
そして、女性として、母として、娘として。

凛とした彼女の姿は、どこまでも美しい。












c0121933_18121045.jpg













by madargallery | 2016-07-15 08:00 | ART

操上和美写真展「DEDICATED ー 首藤康之」



c0121933_22493577.jpg

c0121933_22504813.jpg

c0121933_22511790.jpg

c0121933_2253231.jpg



プロメテの火』の力強い姿が印象的だった首藤康之さん。
渋谷区神宮前のart space AMにて、首藤康之さんをモデルにした操上和美さんの写真展
「DEDICATED ー 首藤康之」がスタートしました。
また同時に写真集も刊行されます。

暗く静かな入り口。黒く光る床。
ここはまるで劇場。

鍛え抜かれた肉体。
そして、力強さ溢れる作品の数々に圧倒されました。



全てになりきる卓越したテクニック。
そう…それ自体で全部である存在。

と、モーリス・ベジャールに言わしめた
Shutoの――進化する肉体。

少年、青年、壮年、老年へと…

肉体に宿る魂を追って
ダンサーの旅は続く。

恐れていることがあるか。

腐蝕への旅。


操上和美




7月22日(金)まで開催中です。



・・・

art space AM
www.am-project.jp

・・・





c0121933_22541880.jpg


DEDICATED 2016 "DEATH" 「ハムレット」

KAAT×首藤康之 ダンスシリーズ DEDICATED最新作。
2011年に首藤康之がKAATにてスタートさせたダンスシリーズ第4弾。
テーマは"DEATH=<死>"
今年没後400年を迎えたイギリスの劇作家ウィリアム・シェイクスピアの代表作「ハムレット」を舞踊化します。



・・・

KAAT DEDICATED
www.kaat.jp/d/dedicated2016

・・・











c0121933_18121045.jpg













by madargallery | 2016-06-22 22:46 | ART

BankART Artist in Residence OPEN STUDIO 2016



c0121933_23141679.jpg

国内外から集まった様々なジャンルの50チームのアーティストが、約2ヶ月間、生きいきとした制作現場を共有する「BankART Artist in Residence OPEN STUDIO 2016
5月27日から、その現場が一般公開されました。

パフォーマンスと映像を使ったインスタレーションの制作をはじめ個性溢れる空間。
いつものBankARTとはまた違ったパワーを感じることができました。

c0121933_23144362.jpg

c0121933_23145527.jpg

c0121933_23151235.jpg

c0121933_23152411.jpg


4月にKOMAGOME1-14 casにて二人展『INSIGHT OUT』を開催されたヤナギ ハルヤスさんも、このアーティストインレジデンスにて、写真と絵画のインスタレーションを制作されました。
テーマは「NEXUS 結びつけるもの -分離から共有、共感の時代へ-」

c0121933_23161481.jpg

c0121933_23162556.jpg


人や物事を繋ぐ”結びつけるもの”
それらを連想させるモチーフを追いかけた作品の数々。
ヤナギさんのプロジェクトNEXUS

関係性が希薄な現在において、それでもなお私たちは個として生きるには全体との結びつきが必然であることを意識的あるいは無意識的に知っています。今回のプロジェクト” NEXUS 結びつけるもの ”では、普段の生活の中で見過ごされがちなことを切り取り提示することにより、私たちの存在の在り方を問う機会にします。

・・・このように綴られています。

ヤナギさんの世界観溢れた優しい色彩、作品の手触り。
そして、それぞれのストーリー。
私が向き合った作品には、今の私に必要なメッセージが隠されているような気がします。











c0121933_18121045.jpg













by madargallery | 2016-06-14 23:16 | ART

表参道から六本木へ



c0121933_014283.jpg

c0121933_0145011.jpg

c0121933_0151554.jpg

c0121933_0153972.jpg

c0121933_0161118.jpg

c0121933_0164118.jpg



表参道ROCKET
そして、六本木 森美術館

六本木クロッシング2016展:僕の身体(からだ)、あなたの声へ










c0121933_18121045.jpg













by madargallery | 2016-06-14 00:17 | ART

『見えるものと見えないもののあいだ』



c0121933_224521.jpg


写真は現実を被写体としている。
どれほど抽象化した写真であれ、どこかに被写体としての現実の切れ端を含んでいる。
写真は現実の一部分を切り取って私たちの眼前に呈示し、私たちが普段は何気なく見過ごしている何事かに気づくように導く。
たとえそれが見慣れた光景であっても、移ろいゆく現実の中で、私たちは実は何も見ていないことに気づかされる。


「手探りのキッス 日本の現代写真」より



ロンドン在住の写真家・米田知子さんの作品に惹かれ、彼女の作品とそのストーリーに向き合っています。
「手探りのキッス 日本の現代写真」も、その一冊。

《Between visible and invisible》
米田知子さんの代表作『見えるものと見えないもののあいだ』
通称「眼鏡」シリーズ。

フロイト、ヘッセ、マーラー、トロツキー、ガンジー、谷崎潤一郎といった過去の偉人たちが実際かけていた眼鏡のレンズを通し、彼らにちなんだ文書や手紙を撮影した作品。

米田さんは撮る被写体を選ぶ時、綿密なリサーチをされるとのこと。
とくに「眼鏡」のシリーズは、文化遺産であることもあり撮影許可が下りにくく、何年にもわたって申請を続けられたそうです。作品に対する情熱が伝わってきます。

そこに刻まれた歴史や記憶。
「本当に大切なものは目には見えない」

私の米田さんの作品への想い。
そして、作品を通して歴史と向き合う旅は、まだまだ続きます。










c0121933_18121045.jpg













by madargallery | 2016-06-08 22:06 | ART

アートフェア東京2016



c0121933_0295166.jpg

c0121933_030179.jpg

c0121933_030941.jpg

c0121933_0301725.jpg

c0121933_0302663.jpg



日本最大級のアートフェア「アートフェア東京2016」へ行ってきました。
会場となった東京国際フォーラム。
ホール棟とガラス棟の間にある庭園の開放感が印象的です。

古美術、工芸から近代美術、現代アートに至る幅広いジャンルや時代の作品を一堂に会する日本最大級のアートの見本市。
第11回目を迎える今回は、過去最多の国内外157ギャラリーが出展されました。

『Face Up!』
「いつの時代にも、どんなジャンルにも、芸術的実験がある」というコンセプトをもとに様々な展開をしてきたアーティスティック・プラクティス。
2011年から毎年アートフェア東京の会場内で開催。
6回目となった今回のテーマ『Face Up!』(こっちを見て!)
スマホやタブレットから顔を上げて、作家の手によって創られた生々しい作品に向き合ってみてほしい、という思いが込められているそうです。

国際的なアートマーケットにおいて重要な役割を担っている「アートフェア東京2016」
アートフェアのご案内を、そして、作家の想いや作品の背景を丁寧に説明してくださったキュレーターの小澤さん。
このような貴重な機会をいただき、本当にありがとうございました。

最後に、
小澤さんより、ご紹介いただいたアーティストの一人 米田知子さん。
「彼女を知りたい。彼女の作品をもっと知りたい。」
作品を前にそう思いました。



・・・

アートフェア東京2016
https://artfairtokyo.com/2016

・・・










c0121933_18121045.jpg













by madargallery | 2016-05-22 00:30 | ART

横山佳美写真展「Praha モノローグ」



4月の風が気持ちのよい週末、横山佳美さんの写真展「Praha モノローグ」へ行ってきました。


c0121933_22505824.jpg

c0121933_22511371.jpg

c0121933_22512261.jpg

c0121933_22513069.jpg

c0121933_22513822.jpg

c0121933_22514825.jpg

c0121933_22515529.jpg

c0121933_2252593.jpg

c0121933_2252141.jpg



東京・御茶ノ水にある、写真専門のギャラリー「gallery bauhaus
最上級のオリジナルプリントの展示をコンセプトに、写真との出会いや感動を共有できる空間となっています。

ギャラリーには、プラハ在住の横山さんが2005年から2015年にかけて撮影したモノクローム(ゼラチン・シルバー・プリント)作品49点を展示。
モノクロームの世界はとても奥深く、人々の息遣いが伝わってくるようでした。

横山さんは今回の展覧会の想いを「写真展に向けて」と題して綴られています。
スデクやクーデルカの写真が好きだったことや、キェシロフスキ監督のポーランド映画のなかで見た「団地のシーン」がずっと心に残っていて、中東欧の生活を見てみたくなったことなど、横山さんがプラハを選んだ理由を知ることができました。
「2年間のプラハ留学という限られた時間において、私のテーマは旅行者ではない生活者になること、一日も早くプラハの人になることでした。」
この言葉が深く心に響きました。

日本の写真家・カメラ評論家の田中長徳氏も、今回の展覧会について掲載されています。
PHOTOMENTARY チョートクカメラ日記
『号外 ギャラリーバウハウスでヨシミ ヨコヤマ の 「Praha モノローグ」を観る』
http://chotoku.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/post-7fed.html

そして、現代のチェコ共和国写真家、写真歴史家、大学教授博士のヴラジミール・ビルグス氏も彼女のことを「日本とチェコの写真の架け橋のような写真家」と紹介。
現代社会の生活風景や人間関係に対する彼女の個人的なまなざし。
モノクロフィルムでの撮影、暗室での引き延ばし作業など、昔ながらのアナログ作業にこだわる姿勢や写真に対する考え方を高く評価しています。

私からの問いかけに横山さんは、作品の背景や想いを笑顔で丁寧に語ってくださいました。
そのことで、作品をより身近に感じることができました。

横山さんがプラハの街に10年も暮らすことになった理由。
その答えは、写真の中にあるのですね。
これから先の「一瞬」も、日本にいる私たちに届けてください。

この春おすすめの写真展。
2016年6月18日(土)まで開催中です。



・・・

会場 : gallery bauhaus
http://www.gallery-bauhaus.com/
会期 : 2016年4月20日(水)~2016年6月18日(土)
時間 : 11:00~19:00
休廊 : 日・月・祝
入場料 : 無料
※作家在廊日
4/20(水)~23(土) 5/31(火)~6/11(土)

・・・



そして・・・

フォトグラファーとしてご活躍の横山さん。
昨年夏のブログでは、丸一年かけてチェコ、プラハを取材し、ご出版された書籍のこと、
また「チェコ雑貨の店 バーボフカ」さんのことをご紹介しています。

「新しいチェコ・古いチェコ 愛しのプラハへ」
http://madar.exblog.jp/24501972/


「身のまわりの出来事を感じ取り、ゆっくりと歩をすすめる」
─ そんな人生の歩み方を教わったことは、私にはとてもありがたいことです。

最後のページの言葉が印象的です。










c0121933_18121045.jpg













by madargallery | 2016-04-24 23:01 | ART


しおざき まさこ の日々のこと

by madargallery
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Profile


ART空間散歩人
しおざき まさこ


・・・・・・・


「ART空間散歩人」として、美術館や劇場をはじめ、素敵なART空間を散策し、自分なりの言葉で綴っています。
アート、映画、音楽が大好きです。

人と人とのつながりを大切に、緑溢れる公園・カフェ・美術館など様々な空間で、既存の枠にとらわれることなく自由な発想で芸術を楽しむ・・・
これからもそのような、空間をつくるお手伝いをしていきたいと思っています。そして、皆さんと楽しい時間を共有できたら嬉しいです。

また、刺繍作家・イラストレーターとして、日々創作活動を続けています。

どうぞよろしくお願いいたします。


ごあいさつ


twitter

masako shiozaki's illustration website MADAR GALLERY

facebook

路地裏の小さな雑貨屋さんMADAR GALLERY


◇お世話になっています

現代アートスクール
アートト・
オーディエンス コース
2016.2017


活版印刷
Bird Design
Letterpressさん


アンティーク・
チェコ雑貨のお店
bábovkaさん

ステキに頑張る
女性たちへ
うららケア

刺繍工房
UN
EMBROIDERY
STUDIO


◇その他

ブログタイトルのこと
MADAR GALLERY

ご意見などは、
*MADAR GALLERY*
Contact
またはこちらからお気軽にどうぞ⋯☆


・・・・・・・
カテゴリ
最新の記事
絵と音と言葉のユニット『re..
at 2017-11-18 23:29
はかりきれない世界の単位
at 2017-11-13 13:51
Laundry&Cafe ワ..
at 2017-11-12 19:35
絵と音と、言葉のユニット r..
at 2017-11-10 23:39
Nina Simone
at 2017-10-20 15:01
原美術館
at 2017-10-08 23:06
Asian Art Awar..
at 2017-09-26 17:38
逗子へ・・・ CINEMA ..
at 2017-09-17 22:55
映画『静かなる情熱 エミリ・..
at 2017-09-08 14:41
夏のなごりのかき氷
at 2017-09-02 19:55
命短し恋せよ乙女
at 2017-09-02 19:45
葉月ホールハウス
at 2017-08-30 16:52
光が丘美術館へ
at 2017-08-19 00:42
TRUNK(HOTEL)
at 2017-08-19 00:38
かもめブックス
at 2017-08-19 00:31
吉野町煉瓦倉庫(旧吉井酒造煉..
at 2017-08-18 19:25
静かに狂う眼差し―現代美術覚書
at 2017-08-01 00:06
『Remembering M..
at 2017-07-23 23:33
LYURO
at 2017-07-09 21:54
レニングラード・ ホテル
at 2017-07-05 10:16
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
検索
お気に入りブログ
ブログジャンル