MADAR GALLERY



カテゴリ:ART( 544 )


レニングラード・ ホテル



c0121933_2236342.jpg



首藤康之さんと注目のマイムグループCAVA(サバ)の初共演が実現する注目のステージ「レニングラード・ ホテル」

ダンスにマイム、ジャンル無用のフィジカルシアターが真夏の表参道を真冬のロシアに変貌させる!?

『Silent Songs』『プロメテの火』『第59回 NHKニューイヤーオペラコンサート』
操上和美写真展「DEDICATED ー 首藤康之」
鍛え抜かれた肉体、心と体がひとつになった繊細な表現。
どれも素晴らしい作品として記憶に残っています。

2017年7月7日~9日。
スパイラルホール(スパイラル3F)にて上演される「レニングラード・ ホテル」

この夏、楽しみにしている作品のひとつです。








by madargallery | 2017-05-09 22:43 | ART

ねえ ムーミン



c0121933_10542221.jpg

c0121933_10543138.jpg

c0121933_1172715.jpg


「ねえ ムーミン」

ムーミンがバレエを踊りました!

北欧バレエ界を牽引する名門・フィンランド国立バレエ団が、同国の国民的キャラクターである、あのムーミンをバレエ化。
トーベ・ヤンソンの原作に基づく『たのしいムーミン一家~ムーミンと魔法使いの帽子~』を日本にて世界初演とのこと。
ぐっさんと、Bunkamuraオーチャードホールへ行ってきました。

ムーミンバレエ」の実現には、ムーミンの童話が誕生した1945年から実に70年もの時間がかかったそうです。
想いをカタチにする大切さを改めて感じました。
日本初演のこちらの作品、フィンランドでは来年1月に上演予定だそうです。
また、北欧らしい現代的センスが光る秀作も多数楽しませていただきました。
チュチュを着た男性がチャイコフスキーの交響曲で踊る『悲愴』も印象に残った作品です。

「ムーミンの物語は、現代で生きるために必要な思いやり、愛情、そして共感する力を教えてくれる」
芸術監督のグレーヴ氏は語っています。
当日劇場にいらしたグレーヴ氏は、どんな気持ちで舞台を見守っていたのでしょうか。

舞台はまるで色鮮やかな絵本の世界。
ムーミン谷の冬、雪の精が踊るなか、ムーミンたちは冬眠中。
時が流れ、春が訪れたムーミン谷は長い眠りから目覚めます。
花が踊り、ムーミンたちも踊る。
つま先立ちをする姿は、なんて愛おしいのでしょう。
ムーミン役のフローリアン・モーダンさんをはじめ、キャスト全員に大きな拍手を。

大人も子供も、ムーミンも。
みんなが「バレエに出逢った日」

ムーミンパパは言いました。
「それを受ける準備ができている人には、その人生は大きな奇跡に満ちている」

最後に・・・
ぐっさん、こんなにも素敵な舞台をありがとうございました☆








by madargallery | 2017-04-29 11:00 | ART

ブルーの世界



c0121933_21592428.jpg

c0121933_220411.jpg

coonieさんの個展へ。
「Coonie's Exhibition-Water,2017」
磁器とリトグラフの作品の数々。
coonieさんが描く「水」の世界。
水に”癒し””再生”の力があるとも信じています。
と綴られていいます。
表参道ヒルズ内、ギャラリー412での楽しい時間。
そして、coonieさん
いつも素敵なお手紙をありがとうございます。

これも、水とアートのブルーの世界。



c0121933_22167.jpg

c0121933_2212199.png

世界フィギュア選手権2017。
宇野昌磨選手のエキシビションが印象的でした。
鮮やかなブルーのシャツ、そして幻想的な照明の演出。
Niall Horanの『This Town』が切なく響きます。
エキシビションといえば、冬季オリンピック・バンクーバー大会でのドイツのペア、サブチェンコ&ゾルコビーの演技。
Daniel Powterの名曲『Bad Day』で氷上に舞う姿も記憶に残っています。

これも、音と表現のブルーの世界。



c0121933_222344.jpg

c0121933_2224650.jpg

そして・・・
『フリーダ・カーロの遺品』のオリジナルサウンドトラックから。
正体不明の不安や怒り、そして悲しみ。
気持ちのよい風を感じ、流れる音楽に寄り添ってみる。
不思議と緊張していた気持ちがやわらかくなり、
優しい表情になっていきます。

47歳の若さで亡くなったフリーダは、次の言葉を残してこの世を去りました。
「出口が喜びに満ちているといい。私は戻りたくない」

原色のメキシコ。
時代を超え、接点する。
フリーダ・カーロが過ごした青い家「ブルーハウスでの、50年の約束」
『フリーダ・カーロの遺品 - 石内都、織るように』

そして、これも美しく憧れのブルーの世界。








by madargallery | 2017-04-28 22:09 | ART

青彩と白



c0121933_0264333.jpg

c0121933_0265230.jpg

c0121933_027098.jpg

c0121933_0271063.jpg

c0121933_0271862.jpg



焼き物をつくることは草花を育てる事によく似ている。
水をやり、肥料をほどこし、剪定する。
根気強く、毎日、手間を惜しまずに。
そして、美しい花が咲く。
素材の変化に合わせて手を加える。
工芸はまるで命ある何かを育てるかの様。
焼きあがった時のフォルムが自然で伸びやかであるように。
ロクロの上で土と対話を繰り返す。
うつわとしての命の美しさを大切に。

秋谷茂郎さんの言葉より




陶芸家 秋谷茂郎さんから、素敵なご案内をいただきました。
ありがとうございました。

青山通りの一本裏手にある うつわの店「
春の若葉、夏の濃い緑、秋の紅葉、
冬には枝の動きがくっきりわかり
折々に四季を感じられ楽しめることから店名にされたそうです。

食卓に彩りを添える青彩と白のうつわ。
空間の大きな窓からの自然の光を通して、作品の息遣いを感じます。

それぞれに違った表情がある「青と白」
秋谷さんの笑顔や優しさ。
作品からお人柄が伝わってきました。











by madargallery | 2017-04-18 00:27 | ART

バーニー・フュークス



「~イタリアに魅せられたアメリカの巨匠~ バーニー・フュークス展」ご案内をいただきました。



ノーマン・ロックウェルの再来ともいわれたバーニー・フュークス。
日曜美術館でもアメリカ・イラスト界のトップ・ランナーとして絶大な人気を誇った彼の知られざる傑作を紹介してくれました。

人気を不動のものにしたスポーツイラストの世界も素敵ですが、
私は、彼が描いた“もうひとつのアメリカ”が印象に残りました。
ジョセフィン・ベーカーの少女時代をモデルにした絵本「ラグタイム・タンピー」
どんな暮らしの中でも夢みることを忘れなかった少女の物語。
とても生き生きとした表情が描かれています。
優しい光が印象的なこの一冊。
そして人種差別を決して許さなかった彼の静かなる主張がよく伝わってきます。

c0121933_1823317.jpg

c0121933_18231291.jpg

c0121933_18232169.jpg

c0121933_1823312.jpg

c0121933_1823415.jpg

c0121933_18235051.jpg

c0121933_1824079.jpg

c0121933_18241044.jpg

c0121933_18242078.jpg



c0121933_1412234.jpg



私にとって、とても大切な一冊です。











by madargallery | 2017-04-10 19:12 | ART

光と影



c0121933_10335063.jpg

c0121933_10335933.jpg

c0121933_1034751.jpg

c0121933_10341514.jpg



はじまりの季節。
目黒にあるCLASKAへ。

CLASKA は、目黒通りでかつて人々に親しまれた古いホテルをリノベートして生まれたホテル・レストラン・レンタルスタジオ・ギャラリー&ショップからなる複合施設です。
ものづくり・サービス・イベントなど様々な活動を通じて、”今”の日本における暮らしの美意識とカルチャーを発信しています。

・・・いよいよです。











by madargallery | 2017-04-04 10:34 | ART

アートフェア東京2017



c0121933_1092734.jpg

c0121933_1094756.jpg

c0121933_1010452.jpg

c0121933_10101531.jpg

c0121933_10102860.jpg

c0121933_10104131.jpg

c0121933_10105489.jpg

c0121933_10111077.jpg

c0121933_10112064.jpg

c0121933_10113134.jpg

c0121933_10114127.jpg



日本最大級のアートフェア「アートフェア東京2017」へ。
アートフェアは、古美術、工芸から近代美術、現代アートに至る幅広いジャンルや時代の作品を一堂に会する日本最大級のアートの見本市です。
会場となった東京国際フォーラム
ホール棟とガラス棟の間にある庭園の開放感が印象的です。

国際的なアートマーケットにおいて重要な役割を担っている「アートフェア東京」
作家の想いや作品の背景を丁寧に説明してくださったキュレーターの小澤さん。
このような機会をいただき、本当にありがとうございました。
また、いつも「アートの楽しさや意味、可能性」をいろいろな角度から教えていただき感謝しています。











by madargallery | 2017-04-04 10:13 | ART

あなたに続く森



c0121933_22513638.jpg

c0121933_22514777.jpg

c0121933_2252781.jpg

c0121933_22521679.jpg



あなたに続く森

外の世界がどんな風に聞こえても
心の中はいつも自由に
光の糸で愛情を織っていくことが出来る


銀座にあるPOLA MUSEUM ANNEXへ行ってきました。
現在、青木美歌「あなたに続く森」The Forest That Leads To Youが開催中です。

青木さんは、粘菌、バクテリア、ウイルス、細胞といった目に見えない「生命の有りよう」をテーマに、ガラスを素材にした作品を発表してきました。

今回の展覧会では、植物のライフサイクルをモチーフに、目に見えない生命の「繋がり」をガラスのオブジェと光を組み合わせたダイナミックなインスタレーションとして展開されています。

ご本人も在廊され、日曜美術館アートシーンへのご出演について、お話しをすることができました。

幻想的なガラスの世界。
26日まで開催中です。











by madargallery | 2017-02-08 18:15 | ART

ゆるんだ遠近法


年をとり気づかぬうちに少しずつ変わってきた親子、毎日ルーティンをこなす労働者とそれに疑問を抱く人、同姓同名ながらまったく違った人生を歩んだ二人、メディアに取り上げられる人とそれを受け取る人。

gallery COEXIST-TOKYOで開催された『ゆるんだ遠近法』展へ行ってきました。
NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]が、若手芸術家の育成を目的とした6名の若手アーティストによるグループ展。
アーティストの方々から、直接作品について解説をしていただき、いろいろな角度から楽しむことができました。


c0121933_23531239.jpg

c0121933_23542036.jpg

c0121933_2337474.jpg

c0121933_23382163.jpg

c0121933_2338363.jpg

c0121933_23384643.jpg

c0121933_23385670.jpg

c0121933_23391096.jpg

c0121933_23423535.jpg

c0121933_23424484.jpg

c0121933_2343144.jpg



また、1階EARTH+ GALLERYで開催された『尾角典子 The Interpreter 展』へも。
ロンドン在住の日本人アーティスト・尾角典子さん。
2015年、英国の工業都市ダービーの公式プロジェクトに招聘され、古いエッチングや現地で撮影した写真などの素材をコラージュして、オリジナルのタロットカードの原画とアニメーション映像を滞在制作されたそうです。
尾角さんが表現する幻想的で不思議な世界はとても美しかったです。


c0121933_23433066.jpg

c0121933_23434322.jpg

c0121933_2343561.jpg

c0121933_2344849.jpg



木場で過ごす、アートとお酒と贅沢な時間。
楽しい夜をありがとうございました。

c0121933_23441987.jpg

c0121933_23443031.jpg













by madargallery | 2017-02-08 18:13 | ART

PORTMANS CAFE



c0121933_23532846.jpg

c0121933_23534335.jpg

c0121933_23535178.jpg

c0121933_2354218.jpg

c0121933_2354106.jpg

c0121933_23541814.jpg

c0121933_23542721.jpg

船の帆のようなカーテン、宝箱みたいなテーブル、豪華なソファ。
アンティーク調の優しい空間でゆったりと過ごす時間は、船で旅をしている気分にもなります。

アートの街・清澄白河にある『PORTMANS CAFE』へ行ってきました。
築30年あまりとなるビルの1階を、スタッフの方々がセルフリノベーションで創りあげたとのこと。

「人やモノをつなぎ、交流が生まれる場所」
お店のご紹介にもあるように『PORTMANS CAFE』という店名には「港のような」そして「つながり」を大切にする想いが込められているのですね。

3月、はじまりの季節。
こちらの空間で、春のアートなイベントを開催いたします。
さてさて、どんな船旅になるのでしょうか♪






















by madargallery | 2017-01-30 23:54 | ART


しおざきまさこの日々のこと

by madargallery
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Profile
MADAR GALLERY
しおざきまさこ

ART空間散歩人
刺繍作家
イラストレーター
小さな雑貨屋さん

「ART空間散歩人」として、美術館や劇場をはじめ、素敵なART空間を散策し、自分なりの言葉で綴っています。
アート、映画、音楽が大好きです。
また、刺繍作家・イラストレーターとして、日々創作活動を続けています。
よろしくお願いします。

ご意見などは、メインサイト*MADAR GALLERY*
Contact
またはこちらからお気軽にどうぞ・・・♪

masako shiozaki's illustration website MADAR GALLERY

twitter

facebook

路地裏の小さな雑貨屋さんMADAR GALLERY





◎お世話になっている
お店


アンティーク・チェコ雑貨のお店
bábovkaさん



◎その他の活動

ステキに頑張る
女性たちへ
うららケア

刺繍工房
UN
EMBROIDERY
STUDIO
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
検索
ブログジャンル