MADAR GALLERY



カテゴリ:映画のはなし( 67 )


映画『ショコラ ~君がいて、僕がいる~』



c0121933_22224143.jpg

c0121933_22225388.jpg

c0121933_2223299.jpg

c0121933_22231021.jpg

c0121933_22442351.jpg

c0121933_22232054.jpg

c0121933_2224518.jpg




映画『ショコラ ~君がいて、僕がいる~』

「俺たちは、ふたりで一つだ」

フランス史上初の黒人芸人ショコラ。
そして、彼を支えた相方のフティット。
20世紀初頭「映画史上初めてスクリーンに登場した芸人コンビ」として、多くの人々を魅了しました。

1900年のパリ万博でも活躍し、お菓子や石鹸などの商品パッケージキャラクターに起用されるほど絶大な人気を博した彼らは、多くのアーティストにも影響を与えたそうです。
ロートレックが彼らを絵のモチーフにしたほか、映画の祖リュミエール兄弟は二人の芸をフィルムに収め6本の作品を残しました。

この作品は、スターにのぼりつめ、笑いで革命を起こしたものの人種差別の根は深く、歴史に名を残せなかったショコラの生涯と相方フティットのコンビ愛を丁寧に描いた真実の物語です。

2017年はショコラ没後100年。
ショコラの成功と転落の人生、差別を受けた彼の苦悩。
ショコラを支えた相方フティットと、周囲の偏見の目にさらされようとショコラを愛した妻マリー。
芸人としての輝かしい功績が映画となって蘇りました。

ショコラ役は『最強のふたり』のオマール・シー。
そして、喜劇王チャップリンの実孫であるジェームス・ティエレがフティット役を演じました。
彼らの演技は、まさに「フティット&ショコラ」そのものでした。

父と母が観た映画『ショコラ ~君がいて、僕がいる~』
映画好きの父は、ジェームス・ティエレの姿にチャップリンへの想いを重ねたそうです。
映像の美しさ、心揺さぶられる音、色鮮やかな衣装。
当時の暮らし、そしてサーカスという芸術。
それらがきっかけとなり、私も劇場へ向かいました。
楽しい場面でも、切ない場面でも、複雑な気持ちで見守る私。
それだけ、深く静かに心に響いた作品だったのです。


ベル・エポック期を駆け抜けた素晴らしいアーティストの物語。
二人の友情が、とても強く深いものだったと感じた最後のシーン。
あの笑顔がすべてを物語っていたのだと思います。



追記

フライヤーには、ロートレックがショコラを描いた作品が掲載されています。
(アイリッシュ・アンド・アメリカンバーで踊るショコラ -1896年、水彩・クレヨン-)
そして、映画にはセンス溢れるポスターが登場します。
東京都港区にあるリボリアンティークス(ロートレックやミュシャなど19世紀末のパリの作品をあつかう画廊)さんのブログに詳しくご紹介されています。

また、壁一面に張られた鏡や赤い椅子が印象的なオーバカナルでは、フランス版のポスターを展示中です。


公式サイト
映画『ショコラ ~君がいて、僕がいる~』
http://chocolat-movie.jp/index.html

シネスイッチ銀座 
シネマニアでお世話になった青柳さんの作品が展示されています。
http://www.cineswitch.com/

映画の原案本のご紹介
『ショコラ 歴史から消し去られたある黒人芸人の数奇な生涯』
ジェラール・ノワリエル・著
舘葉月・訳
(集英社インターナショナルより)
http://www.shueisha-int.co.jp/archives/3825













by madargallery | 2017-02-10 10:15 | 映画のはなし

ラ・ラ・ランド



c0121933_23513676.jpg







https://twitter.com/lalaland0224

『セッション』監督最新作は極上のミュージカル・エンターテイメント。
2017年2月24日 TOHOシネマズみゆき座他全国公開です。










c0121933_18121045.jpg













by madargallery | 2016-11-13 23:53 | 映画のはなし

フィンランドムービーレイトショー



c0121933_2375584.jpg

c0121933_2372171.jpg


南青山にあるスパイラルで開催された「フィンランドムービーレイトショー」へ行ってきました。
アルテック「ドムス チェア展覧会」内での、一夜限りのスペシャルイベントです。
映画は、キノ・イグルーのお二人。
「フィンランドムービーレイトショー」と題し、フィンランドの奇才、アキ・カウリスマキの映画『浮き雲』を上映してくださいました。
秋の夜、貸し切りのスパイラルはいつもとは違う雰囲気で、私を映画の世界へ連れて行ってくれました。
素敵な時間をありがとうございました。



・・・

『浮き雲』

1996年 フィンランド 96分
監督:アキ・カウリスマキ
出演:
カティ・オウティネン
カリ・ヴァーナネン

配給:ユーロスペース


・・・











c0121933_18121045.jpg













by madargallery | 2016-10-16 23:08 | 映画のはなし

映画『もしも建物が話せたら』

















c0121933_18121045.jpg













by madargallery | 2016-02-19 00:26 | 映画のはなし

わたしを離さないで



c0121933_2358385.jpg

世界的に権威ある文学賞・ブッカー賞受賞の英国のベストセラー作家カズオ・イシグロ原作
『わたしを離さないで』
最近では世界で初めてドラマ化されるなど話題となっています。

映画史上かつて描かれたことのない『秘密』
Bunkamura ル・シネマで観た映画『わたしを離さないで』は、儚すぎる青春の切なさに胸がしめつけらました。

この作品について、ある対談で彼はこのように語っていました。
「状況を受け入れる、というのが重要なテーマ」
「避けがたい過酷な境遇を受け入れながら、人生に意味を見いだし、ベストを尽くそうとする。
人生は短い。その中で自分にできることは何か?読者一人一人に考えてほしかった。」と・・・。


そして、大切にしている言葉があります。

大人になることは自分の至らぬ点を認め、自身を赦すことだ。
現実には人生は困難だが、それでも折り合いをつけることを学ぶべきなのです。
とはいえ、自分自身に完璧を求めてはいけません。
自身の至らない点を受け入れる術を学ぶこと、それが大人になる上で重要なのです。

カズオ・イシグロ













c0121933_18121045.jpg












by madargallery | 2016-01-19 23:58 | 映画のはなし

66 (Old) Movie Dance Scenes Mashup



66 (Old) Movie Dance Scenes Mashup
(Mark Ronson-Uptown Funk ft.Bruno Mars)













c0121933_18121045.jpg

by madargallery | 2015-12-10 11:20 | 映画のはなし

ありがとう、シネマライズ



c0121933_01026.jpg
c0121933_011397.jpg
c0121933_013313.jpg
c0121933_015151.jpg
c0121933_021052.jpg


長年渋谷の映画文化を担ってきた「シネマライズ」
『黄金のアデーレ 名画の帰還』の上映をもって、2016年1月、その長い歴史に幕を閉じます。

実在したバロック時代のカストラート歌手 ファリネッリの生涯を描いた伝記映画『カストラート』若かりし頃のディカプリオが出演した『バスケットボール・ダイアリーズ』など衝撃的な作品の数々が印象的です。

同館跡(ライズビル2F)にはライブハウス「WWW」2号店が2016年初秋開業とのこと。

たくさんの思い出をありがとう。



・・・

シネマライズ オフィシャルサイト
http://www.cinemarise.com/

映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』公式サイト
http://golden.gaga.ne.jp/

・・・










c0121933_18121045.jpg

by madargallery | 2015-11-10 00:02 | 映画のはなし

『ダーティ・ダンシング』



c0121933_18221020.jpg
c0121933_1822218.jpg
c0121933_18222927.jpg

今でも大切にしているCDがあります。
映画『ダーティ・ダンシング』のオリジナル・サウンドトラックです。

舞台は'63年夏のアメリカ。
家族と一緒に避暑地にやってきた17歳の娘ベイビー。
ひとつの出会いやダンスを通じて、少女から女性へと成長する様を描いた作品。
美しい映像、彼女の最高の笑顔とワンピース、ラストのダンスシーン。
「タイム・オヴ・マイ・ライフ」と共に記憶に残っています。
(最近のVOGUEではこの作品のことを、違った角度から紹介をしていましたが・・・^^)

なかなか見つからないCD。今のように簡単には手に入りませんでした。
そのような状況で動いてくれた地元のミュージックショップがあります。
東急田園都市線あざみ野駅にあった「タチバナ」さん。
今でもあの時の感謝の気持ちを忘れません。

昭和36年創業、2012年に移転・リニューアルされた、こちらのお店。
その「タチバナ」さんで開催された、ある音楽のイベントに行ってきました。

・・・
昭和36年創業
中古レコードのタチバナ

http://www.m-tachibana.com/
・・・










c0121933_18121045.jpg

by madargallery | 2015-10-19 18:22 | 映画のはなし

『フリーダ・カーロの遺品 - 石内都、織るように』



c0121933_23252521.jpg

c0121933_23254895.jpg

c0121933_23253729.jpg


「私は決して夢は描かなかった。
私は自分自身のリアリティを描いた」


シアター・イメージフォーラムで上映中の
『フリーダ・カーロの遺品 - 石内都、織るように』
死後50年を経て姿を現したフリーダ・カーロの遺品
写真家・石内都のまなざしは、画家であった“ひとりの女性”の姿を写しだす
時空を超えて2人の女性が交差する、「記録」と「記憶」を巡るドキュメンタリー

メキシコを代表する女性画家、フリーダ・カーロ。
この作品では、今までとは違った彼女の姿を知ることができました。
それは「本当の強さ」です。

フリーダのアイデンティティを支えた伝統衣装やアクセサリー。
痛みを想像させるコルセットや医薬品等、膨大な数の遺品を撮影する石内さんの隣には、笑顔のフリーダの姿を感じました。

作品は、祖母から母、娘へと受け継がれていく民族衣装や心についても丁寧に描かれています。

生と死が同居するメキシコ。
色鮮やかで情熱的であると同時に、優しい風や柔らかな光も印象的。
磯端氏の繊細な音楽や、刺繍の針を刺す音。
美しい映像。事実を受け止めることができる作品との距離感。

47歳の若さで亡くなったフリーダは、次の言葉を残してこの世を去りました。
「出口が喜びに満ちているといい。私は戻りたくない」

小谷監督の想い。
「死と再生の物語」
私には、しっかりと届きました。



・・・

ドキュメンタリー映画
『フリーダ・カーロの遺品 - 石内都、織るように』公式サイト
http://legacy-frida.info/

・・・






【追記】

ブログを読んでいただき、
「映画を受け止めていただき嬉しいです」との有難いお言葉。
小谷忠典監督、ありがとうございました。

また『フリーダ・カーロの遺品』のオリジナルサウンドトラックも印象的です。
正体不明の不安や怒り、そして悲しみ。
気持ちのよい秋風を感じ、流れる音楽に寄り添ってみる。
不思議と緊張していた気持ちがやわらかくなり、
優しい表情になっていきました。

c0121933_0131583.jpg









c0121933_18121045.jpg










by madargallery | 2015-08-16 23:25 | 映画のはなし

フリーダ・カーロの遺品





・・・

フリーダ・カーロの遺品

死後58年を経て姿を現したフリーダ・カーロの遺品
写真家・石内都のまなざしは、画家であったひとりの女性の姿を写しだす
2人の女性を通して「記録」と「記憶」を巡るドキュメンタリー

ドキュメンタリー映画『フリーダ・カーロの遺品』公式サイト


47歳の若さで亡くなったフリーダは、次の言葉を残してこの世を去りました。「出口が喜びに満ちてるといい。私は戻りたくない」。死を死で終わらせない写真家・石内都のまなざしを通して、フリーダ・カーロのいう出口の更にその先に辿り着ける映画を届けたいと思っています。

小谷忠典監督コメントより

・・・

c0121933_18342957.jpg

わたしとフリーダ・カーロ
http://madar.exblog.jp/20868220/










c0121933_18121045.jpg

by madargallery | 2015-07-09 16:17 | 映画のはなし


しおざきまさこの日々のこと

by madargallery
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Profile
MADAR GALLERY
しおざきまさこ

ART空間散歩人
刺繍作家
イラストレーター
小さな雑貨屋さん

「ART空間散歩人」として、美術館や劇場をはじめ、素敵なART空間を散策し、自分なりの言葉で綴っています。
アート、映画、音楽が大好きです。
また、刺繍作家・イラストレーターとして、日々創作活動を続けています。
よろしくお願いします。

ご意見などは、メインサイト*MADAR GALLERY*
Contact
またはこちらからお気軽にどうぞ・・・♪

masako shiozaki's illustration website MADAR GALLERY

twitter

facebook

路地裏の小さな雑貨屋さんMADAR GALLERY





◎お世話になっています

アートト
オーディエンス
2016.2017


アンティーク・チェコ雑貨のお店
bábovkaさん



◎その他の活動

ステキに頑張る
女性たちへ
うららケア

刺繍工房
UN
EMBROIDERY
STUDIO
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
検索
ブログジャンル