MADAR GALLERY



島のはなし

今一番行ってみたい場所、気になる場所・・・たくさんあります。

その中に「島」が2つ入っています。
香川県にある「直島」、長崎県「端島(軍艦島)」です。

「直島」はTVで知りました。
瀬戸内海に浮かぶ直島は香川県高松市の北約13km、岡山県玉野市の南約2kmに位置し、周囲の島々とあわせた直島諸島がそのまま香川県直島町となっています。
そこに「ベネッセアートサイト直島」があります。
瀬戸内海の風景の中、現代アートや建築を置かれたどこにもない特別な場所。
美しい自然の中でアートを身体で感じる。。。そんな贅沢な時間が過ごせたら幸せですね。


そして、ずっとずっと心にある長崎県「端島」通称「軍艦島」
先日の日経新聞での「日本の近代遺産50選」の記事がますます私の気持ちを引きつけました。

「軍艦島」とは戦艦「土佐」に島影が似ていることから名付けられたといいます。
「端島」は水成岩の浅瀬にすぎませんでした。明治に入り石炭が発見され炭鉱として開発されました。
1890年三菱が買い取り、その後も急速に出炭実績をあげました。
炭鉱の隆盛に従い、鉱員・職員も急増。
日本初の鉄筋コンクリート造高層集合住宅である30号棟が大正5年に建築されました。
最盛期には5,567人の人口で当時の東京区部の9倍の人口密度で世界一の過密都市と言われました。
そこには病院、映画館、商店、神社もありました。
けれど、国のエネルギー転換政策の推進に伴い1974年1月15日正式に閉山したのです。
島民は皆、島を去っていきました。

現在は崩壊の恐れもあり立ち入り禁止となっていますが長崎港から遊覧船で島を一周するクルーズが行われています。
長崎市は今年の夏、島内に一部見学通路を整備する工事に着工。来春以降、部分的に上陸、見学を許可する予定ということです。

海上の蜃気楼都市・・・そこには間違いなく人々の生活があったのです。

軍艦島を世界遺産にする会


「行ってみたい」から「行ってくる」へ。
近い将来、このブログに旅の写真がアップ出来ますように・・・
by madargallery | 2008-10-02 15:05 | 日々のこと
<< 旧白洲邸 武相荘へ 山本久美子さん『リトグラフによ... >>


しおざきまさこの日々のこと

by madargallery
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Profile
MADAR GALLERY
しおざきまさこ

ART空間散歩人
刺繍作家
イラストレーター
小さな雑貨屋さん

「ART空間散歩人」として、美術館や劇場をはじめ、素敵なART空間を散策し、自分なりの言葉で綴っています。
アート、映画、音楽が大好きです。
また、刺繍作家・イラストレーターとして、日々創作活動を続けています。
よろしくお願いします。

ご意見などは、メインサイト*MADAR GALLERY*
Contact
またはこちらからお気軽にどうぞ・・・♪

masako shiozaki's illustration website MADAR GALLERY

twitter

facebook

路地裏の小さな雑貨屋さんMADAR GALLERY





◎お世話になっている
お店


アンティーク・チェコ雑貨のお店
bábovkaさん



◎その他の活動

ステキに頑張る
女性たちへ
うららケア

刺繍工房
UN
EMBROIDERY
STUDIO
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
検索
ブログジャンル