MADAR GALLERY



鼻の低きを高う見する伝

青山の骨董通りに「伊勢半本店紅ミュージアム」があります。
「紅」を点す、味わう、楽しむサロンとして多くの女性に親しまれています。
伊勢半本店は、1825年に江戸・日本橋で創業。
以来180有余年、当時と変わらぬ製法で「紅」を守り続けてきました。

店内には、小町紅や紅関連の小物がずらりと並んでおり、和の空間を楽しめます。
この時期、贈り物に相応しいと思ったのは「寒紅セット」
一年で最も品質がよいとされたのが、寒中に作られる紅「寒紅」だそうです。
江戸時代の女性達はこの時期に競って紅を買い求めたとか。
新しい年。お世話になった方への贈り物として、喜ばれるのでは?

また「紅のコンシェルジュ」さんが、店内を丁寧に解説してくれます。
中でも見所は、店内奥にある資料室。
江戸の化粧文化、当時を偲ばせる絵図、紅作りの道具などがあります。

個人的に「都風俗化粧伝(みやこふうぞくけわいでん)」という書物に惹かれました。
江戸後期、1813年に出版され、明治頃まで再版されたベストセラー。
現代でいうコスメ雑誌のようなものでしょうか?
当時の美人の第一条件は色が白いことだったそうです。

「鼻の低きを高う見する伝」・・・このタイトルには、笑いました。
いつの世も女性は美を追求しているのです!

短い時間ではありましたが、かなり見応えのあるミュージアムでした。

妖艶な光沢を放つ玉虫色の「紅」は、紅花からごく少量しか精製できない大変に貴重なものです。まさに天然の色彩。
日本が生んだ「紅」の文化を守り伝え、その技を後世に残してほしいと願っています。
by madargallery | 2007-12-20 13:04 | ART
<< クリスマス 9×9 >>


しおざきまさこの日々のこと

by madargallery
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Profile
MADAR GALLERY
しおざきまさこ

ART空間散歩人
刺繍作家
イラストレーター
小さな雑貨屋さん

「ART空間散歩人」として、美術館や劇場をはじめ、素敵なART空間を散策し、自分なりの言葉で綴っています。
アート、映画、音楽が大好きです。
また、刺繍作家・イラストレーターとして、日々創作活動を続けています。
よろしくお願いします。

ご意見などは、メインサイト*MADAR GALLERY*
Contact
またはこちらからお気軽にどうぞ・・・♪

masako shiozaki's illustration website MADAR GALLERY

twitter

facebook

路地裏の小さな雑貨屋さんMADAR GALLERY





◎お世話になっている
お店


アンティーク・チェコ雑貨のお店
bábovkaさん



◎その他の活動

ステキに頑張る
女性たちへ
うららケア

刺繍工房
UN
EMBROIDERY
STUDIO
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
検索
ブログジャンル