MADAR GALLERY



ソ連の飴紙展 ~1960年代から70年代にかけて~

お天気の週末、東京都文京区本郷にあるMitte(ミッテ)さんへ行ってきました。
1920年代に建てられたレトロな建物にある、秘密の隠れ家的雑貨ギャラリー。
以前からとても気になっていました。

現在 『ソ連の飴紙展 ~1960年代から70年代にかけて~』 が開催中です。

・・・
きれいなもの、かわいいもの、がそれほど簡単に手に入らなかったとしたら――
ソ連時代は、商業主義的な製品があふれる社会ではありませんでした。

ひとつひとつが紙でくるまれているキャンディ、
くるくるっとむいて口に放りこむ。
その包み紙は捨てられることなく、しわを伸ばしてとっておかれた。
だから今こうしてここにある。ソ連時代のお菓子のドレスをご紹介します。

HPより
・・・


今年1月、西荻窪FALLで好評を博した「ソ連のマッチラベル展」。
その企画者カーキンケンさんのコレクションから、60-70年代 旧ソ連邦の飴紙やチョコ包装紙200枚以上を展示。
初めての企画、これは貴重な展示です!
色鮮やかな小さな包み紙がアートとして成立し、歴史的背景も感じることができました。
ほろ苦い時代に人々が楽しんだ甘いお菓子。
どんな気持ちで、口にしてたのかな。。。

c0121933_2038164.jpg
c0121933_20381742.jpg
c0121933_20382968.jpg
c0121933_20384321.jpg
c0121933_20385478.jpg
c0121933_2039279.jpg

Mitteさんは、北欧やドイツ、フランスなどヨーロッパで見つけた雑貨、絵本、ビュバー、60年代の雑誌やレコード等数々の品を取り扱っていて、このような世界が大好きな私たちを心から楽しませてくれます。
春の散策におすすめですよ^^

3/14(金)まで開催中です。


c0121933_2043473.jpg











c0121933_18121045.jpg

by madargallery | 2014-03-09 20:40 | ART
<< Halls - White C... Idina Menzel >>


しおざきまさこの日々のこと

by madargallery
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Profile
MADAR GALLERY
しおざきまさこ

ART空間散歩人
刺繍作家
イラストレーター
小さな雑貨屋さん

「ART空間散歩人」として、美術館や劇場をはじめ、素敵なART空間を散策し、自分なりの言葉で綴っています。
アート、映画、音楽が大好きです。
また、刺繍作家・イラストレーターとして、日々創作活動を続けています。
よろしくお願いします。

ご意見などは、メインサイト*MADAR GALLERY*
Contact
またはこちらからお気軽にどうぞ・・・♪

masako shiozaki's illustration website MADAR GALLERY

twitter

facebook

路地裏の小さな雑貨屋さんMADAR GALLERY





◎お世話になっている
お店


アンティーク・チェコ雑貨のお店
bábovkaさん



◎その他の活動

ステキに頑張る
女性たちへ
うららケア

刺繍工房
UN
EMBROIDERY
STUDIO
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
検索
ブログジャンル