MADAR GALLERY



タクワン貿易

望郷~夢見るたくわん 広告に見る「タクワン貿易」と日本文化展に行ってきました。
場所は横浜にあるJICA横浜 海外移住資料館

日本人の海外移住は100年以上の歴史を重ねてきました。
まだ移住者が船で海外に渡っていた時代、今のように輸送網も整備されておらず、ふるさと日本のものは何ひとつとして簡単には手に入りませんでした。
もともとは、仲間同士で食材や調味料などを細々と日本から送ってもらったことに端を発し、それを専門に扱う店や貿易商が現れ、事業として発展していったとのことです。
味噌や醤油、酢など保存のきく調味料などが中心でしたが、ふるさとの味「たくわん」を輸入していたことから「タクワン貿易」と呼ばれるようになったようです。

今回の展示は、その歴史を新聞広告や缶詰ラベル、日系商店などの資料から紹介しています。
色彩に富んだレトロな缶詰ラベルはとても斬新でした。

また、広い館内には立派な常設展示で海外移住の歴史が学べるようになっています。
年表や文献をはじめ、移住の背景が展示してあります。
移住者の家庭生活を再現した食事のサンプルもあり、かなり見応えがありました。

今回の展示を通じて、当時の移住者の日本食に対する憧れや望郷の気持ちが「たくわん」に込められていたのが伝わってきました。


また、こちらの資料館の隣には最近話題の「カップヌードルミュージアム」があります。
(カップヌードルミュージアムの正式名称は「安藤百福(あんどう ももふく)発明記念館」)
世界初&日本発のカップめん「カップヌードル」が発売されて今年で40年だそうです。
会場は、たくさんの人で賑わっていました。

海外に移住し、それぞれの国や地域で新しい文明作りに参加されたり、
世に新しい食の形を届けてくれたり・・・。
このような方々のおかげで、今の便利な暮らしがあるんですね。
改めて感謝です。
共通して言えること、それは
「最後まであきらめない執念」

学べて楽しめる街、横浜。
またひとつ発見しました。


c0121933_1202953.jpg

by madargallery | 2011-10-30 21:50 | ART
<< 籔内佐斗司さん 路上幻燈会 >>


しおざきまさこの日々のこと

by madargallery
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Profile
MADAR GALLERY
しおざきまさこ

ART空間散歩人
刺繍作家
イラストレーター
小さな雑貨屋さん

「ART空間散歩人」として、美術館や劇場をはじめ、素敵なART空間を散策し、自分なりの言葉で綴っています。
アート、映画、音楽が大好きです。
また、刺繍作家・イラストレーターとして、日々創作活動を続けています。
よろしくお願いします。

ご意見などは、メインサイト*MADAR GALLERY*
Contact
またはこちらからお気軽にどうぞ・・・♪

masako shiozaki's illustration website MADAR GALLERY

twitter

facebook

路地裏の小さな雑貨屋さんMADAR GALLERY





◎お世話になっている
お店


アンティーク・チェコ雑貨のお店
bábovkaさん



◎その他の活動

ステキに頑張る
女性たちへ
うららケア

刺繍工房
UN
EMBROIDERY
STUDIO
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
検索
ブログジャンル