MADAR GALLERY



原作を読む~ヴィヨンの妻~

10月に青森県五所川原市金木町にある、太宰治記念館「斜陽館」に行ってきました。
太宰治 生誕100年。根岸吉太郎監督、松たか子、浅野忠信ほか出演で上映された「ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~」
ちょうどよいタイミングで、「斜陽館」を見学することができました。
かっこいい風貌や、具体的で上質な日本語の宝庫で熱狂的なファンが多い太宰治。
私は代表的な作品しか読んだことがありません。これはいい機会と「ヴィヨンの妻」を購入しました。

「斜陽館」は、明治の大地主、津島源右衛門(太宰治の父)の手で建設された入母屋作りの建物は、明治40年、米蔵にいたるまで日本三大美林のヒバを使い造られたそうです。
迷子になるほど、本当に立派な建物でした。
それなのに太宰はこの家を「苦悩の年鑑」の中で「この父はひどく大きい家を建てたものだ。風情も何もないただ大きいのである」と書いています。

「ヴィヨンの妻」を読んで、どうしようもないけれど、どこか憎みきれない夫に対して、強く明るく生きる妻佐知に拍手を送りたいと思いました。
現代のどこか他力本願的な時代に、佐知のような生き方が大切なような気がしました。

9月には津軽鉄道芦野公園駅プラットホームを特設舞台にした演劇「津軽」が上演されたとのこと。
こちらも行きたかったな~。

日本文学を改めて見直そうと思いました。
by madargallery | 2009-11-29 15:15 | 映画のはなし
<< 日本を代表する画家 平山郁夫さん 原作を読む~ゼロの焦点~ >>


しおざきまさこの日々のこと

by madargallery
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Profile
MADAR GALLERY
しおざきまさこ

ART空間散歩人
刺繍作家
イラストレーター
小さな雑貨屋さん

「ART空間散歩人」として、美術館や劇場をはじめ、素敵なART空間を散策し、自分なりの言葉で綴っています。
アート、映画、音楽が大好きです。
また、刺繍作家・イラストレーターとして、日々創作活動を続けています。
よろしくお願いします。

ご意見などは、メインサイト*MADAR GALLERY*
Contact
またはこちらからお気軽にどうぞ・・・♪

masako shiozaki's illustration website MADAR GALLERY

twitter

facebook

路地裏の小さな雑貨屋さんMADAR GALLERY





◎お世話になっています

アートト
オーディエンス
2016.2017


アンティーク・チェコ雑貨のお店
bábovkaさん



◎その他の活動

ステキに頑張る
女性たちへ
うららケア

刺繍工房
UN
EMBROIDERY
STUDIO
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
検索
ブログジャンル