MADAR GALLERY



原作を読む~ゼロの焦点~

今現在、大ヒット上映中の『ゼロの焦点』。
本で読んでみようと思い早速購入しました。
松本清張生誕100周年ということで、テレビや映画で話題となっていますね。
私は母がサスペンス好きということもあり、その影響からか、松本清張の作品はほとんど観ています。先日放送された「点と線」。2度目だというのに、また観てしまいました・・・(笑)
ただ、本を手にすることは初めてなのです。

「ゼロの焦点」は、雑誌「宝石」誌上に連載されて絶賛を博した松本清張の社会派長編ミステリーの代表作です。
新婚7日目に金沢へ出張、そのまま消息を絶った広告マンの夫の足どりを追って、妻の禎子は北陸を舞台に1人捜査に乗り出すというストーリー。
戦後の混乱期の男女の愛憎が見事に描かれています。

正直なところ、映画に出演する女優さんの顔がチラホラとして、作品に集中出来なかった部分もあったりしました。
また、戦後の混乱をテーマにした「人間の証明」や、その時代をたくましく生き抜く「肉体の門」の映像が浮かびました。

本を読み終わって、感じたこと。
「生きることへの執着」です。
執着・・・という言葉は、あまりいい感じはしませんが、この時代の女性たちに対しては「頑張る」とか「大切」とか、そんな言い方では表現しきれないのです。

なぜ、彼女たちはそこまで強く生きようと思ったのか?

もしかしたら、この時代にこの作品を上映するということは、現代人に対してのメッセージなのかもしれません。
by madargallery | 2009-11-22 15:32 | 映画のはなし
<< 原作を読む~ヴィヨンの妻~ お茶と恋唄 >>


しおざきまさこの日々のこと

by madargallery
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Profile
MADAR GALLERY
しおざきまさこ

ART空間散歩人
刺繍作家
イラストレーター
小さな雑貨屋さん

「ART空間散歩人」として、美術館や劇場をはじめ、素敵なART空間を散策し、自分なりの言葉で綴っています。
アート、映画、音楽が大好きです。
また、刺繍作家・イラストレーターとして、日々創作活動を続けています。
よろしくお願いします。

ご意見などは、メインサイト*MADAR GALLERY*
Contact
またはこちらからお気軽にどうぞ・・・♪

masako shiozaki's illustration website MADAR GALLERY

twitter

facebook

路地裏の小さな雑貨屋さんMADAR GALLERY





◎お世話になっている
お店


アンティーク・チェコ雑貨のお店
bábovkaさん



◎その他の活動

ステキに頑張る
女性たちへ
うららケア

刺繍工房
UN
EMBROIDERY
STUDIO
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
検索
ブログジャンル