MADAR GALLERY



お茶と恋唄

先日、銀座のギャラリーSTAGE-1で開催されたイベント「お茶と恋唄」に行ってきました。
CINEMANIAでお世話になった上枝さん、佐藤さんも参加されていらっしゃって楽しみにしていました。
「お茶と恋唄」なんだか素敵な響きです。
会場には、かわいいエプロンをした奥様たちが、紅茶を振舞っていました。
佐藤さんは、マスターのような服装がよく似合っていました。
その展示にあわせたファッションで楽しませてくれる・・・それって本当に大切だと思いますし、本当にお洒落!

今回のテーマは、大人版「不思議の国のアリス」を思わせるような企画だったのですが、アリスといえば、先日こんな話を聞きました。

金髪で、水色のワンピース、そしてストライプのタイツ。。。これは私のアリスに対するイメージです。

そのアリスの姿を日本で初めて公の媒体で描いたのは、意外にも日本画家の川端龍子(りゅうし)【明治18年(1885)~昭和41年(1966)】だったというのです。
「日本画の型を破る」「奇抜」のイメージが強いのですが、大画面の超大作を次々と生み出したことでも有名です。
1907年発売の「少女の友」に当時西洋画で身をたてようとしていた龍子が手がけたそうです。
ちょっと驚きの話でした。
画像がないので残念ですが、ちょっとやつれている姿のアリスです。面白いです。
でも当時としては、洋装姿で洋名のヒロインはきっと時代の最先端で、少女達をワクワクさせたんだろうな~。
by madargallery | 2009-11-14 14:58 | ART
<< 原作を読む~ゼロの焦点~ 入部 >>


しおざきまさこの日々のこと

by madargallery
Profile
MADAR GALLERY
しおざきまさこ

ART空間散歩人
刺繍作家
イラストレーター
小さな雑貨屋さん

「ART空間散歩人」として、美術館や劇場をはじめ、素敵なART空間を散策し、自分なりの言葉で綴っています。
アート、映画、音楽が大好きです。
また、刺繍作家・イラストレーターとして、日々創作活動を続けています。
よろしくお願いします。

ご意見などは、メインサイト*MADAR GALLERY*
Contact
またはこちらからお気軽にどうぞ・・・♪

masako shiozaki's illustration website MADAR GALLERY

twitter

facebook

路地裏の小さな雑貨屋さんMADAR GALLERY





◎お世話になっている
お店


アンティーク・チェコ雑貨のお店
bábovkaさん



◎その他の活動

ステキに頑張る
女性たちへ
うららケア

刺繍工房
UN
EMBROIDERY
STUDIO
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
検索
ブログジャンル