MADAR GALLERY



トンネルの向こうはぼくらの楽園だった

第2次世界大戦後の混乱期、日本人の母親と外国人の父親との間に生まれ「混血」と呼ばれた子供たちを、一手に引き取り育てた1人の女性がいました。
澤田美喜さんです。
澤田さんは、その子供たちに安全なホームを作ることを決意し、神奈川県の大磯にたった一人で「エリザベス サンダース ホーム」を創設しました。

昨晩、テレビ東京で「エリザベス サンダース ホーム」で育った卒園生の60年後を追った番組『トンネルの向こうはぼくらの楽園だった』が放送されました。
案内人は土屋アンナさん。
彼女も日本人の母親と米国人の父親の間に生まれました。
そして、4歳の男の子を持つお母さんでもあります。

1人の女性と1,400人の「混血」と呼ばれた子供たち。
法律からも世間からも無視され、目の色、肌の色の違いから差別された幼い子供たちを澤田さんは深い愛情で接しました。
そして、施設の子供たちに対し「ちゃんと顔をあげて歩け。誇りを持って生きろ。愛される人間になれ。」と教えたそうです。

ママちゃまと呼ばれ慕われた澤田さんは1980年海外で亡くなりました。
卒園生にとって澤田さんの存在は今でも物凄く大きいのです。

「混血孤児」として育った卒園生は今、日本、アメリカ、ブラジルなどに散らばり暮らしています。
想像以上のご苦労があったと思いますが、自分の境遇を誰かのせいにしたり、誰かを恨んだりしていないこと。それぞれの人生を受け入れているのです。
きっと、澤田さんから受けた“無償の愛”が大きかったのだと思います。
今回の番組のテーマである“絆”という言葉が浮かびました。

「エリザベス サンダース ホーム」は、現在、社会福祉施設として大磯の同じ場所にあります。
by madargallery | 2009-03-12 12:52 | 日々のこと
<< 七人めのいとこ 100人のマザーグース展 >>


しおざきまさこの日々のこと

by madargallery
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Profile
MADAR GALLERY
しおざきまさこ

ART空間散歩人
刺繍作家
イラストレーター
小さな雑貨屋さん

「ART空間散歩人」として、美術館や劇場をはじめ、素敵なART空間を散策し、自分なりの言葉で綴っています。
アート、映画、音楽が大好きです。
また、刺繍作家・イラストレーターとして、日々創作活動を続けています。
よろしくお願いします。

ご意見などは、メインサイト*MADAR GALLERY*
Contact
またはこちらからお気軽にどうぞ・・・♪

masako shiozaki's illustration website MADAR GALLERY

twitter

facebook

路地裏の小さな雑貨屋さんMADAR GALLERY





◎お世話になっている
お店


アンティーク・チェコ雑貨のお店
bábovkaさん



◎その他の活動

ステキに頑張る
女性たちへ
うららケア

刺繍工房
UN
EMBROIDERY
STUDIO
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
検索
ブログジャンル